浮気の証拠は車|浮気調査でGSP設置・盗聴行為は違法調査になる!?

更新日:

浮気の証拠は車に残ってることも多いです。

かといって、浮気調査で旦那の車にGSP設置したり、盗聴器を設置して盗聴したら違法行為????

GSP設置ですが車の所有者が旦那の名義であるなら、問題になります。
また探偵・興信所に依頼しても自宅に駐車場がある場合は住居侵入に。

これは相手が浮気の事実を認めた場合は、弁護士さんがなんとか収めてくれることもあります。

問題は、盗聴器の設置。

明らかに違法行為。

旦那逆に訴えられる可能性もあるので、これを引きうける探偵・興信所は絶対に契約しないでください。

では、自分でできる「車にある浮気の証拠の見分け方」を紹介していきます。

浮気の証拠は車の中に

浮気調査には様々な方法があります。

まず初めに思い浮かぶのは携帯電話やスマホだと思いますが、意外と車にも証拠が残っている場合があります。
スマホなどでのやり取りには気を配っていても、車までチェックをされているという事にまで気が回らない人が多いからです。

具体的に、車での浮気調査はどうするかということですが、まず、ダッシュボードを開けてみましょう。
ここは、本人も家族も頻繁に開ける場所ではないので、見つかったら困るものを隠していることもあります。

それから助手席のチェックです。シートに粘着シートをコロコロして、女性の髪の毛が着かないか見てみます。
そして、座席の下などに、女性の小物などが落ちていないか探してみましょう。
意外と小さいものは、落としたまま気づいていない場合もあります。

そして最後に、カーナビを見てみましょう。
カーナビには履歴が残るものもありますし、一度走ったことのある道路は分かるようになっています。
自分が行った覚えのない場所や、怪しいところにいった履歴がないか確認しましょう。
なかなかカーナビの履歴を消すというところまで、気が回っていない人が多いので、ここで浮気がばれてしまったという人も多いです。

この浮気調査は、浮気しているという確信にはつながっても証拠としては弱い場合もあります。
常套手段としては、小型の隠しカメラや、レコーダーをセットしておくということもできます。
ここまですれば、相手にしらを切り通されるという事はなくなるでしょう。

車で浮気の証拠を調査する!走行距離メーター

車内の浮気調査を行う場合、走行距離メーターは大きな証拠にもなります。車であまり遠出しない人であったり、仕事で使うこともないのに、走行距離だけがとても多くなっていたりすると、どこかに仕事以外で行っているということになります。また、浮気相手と会う場合は、ばれないためにも近場では会えません。

そうなると、どうしても遠くに行く必要があるのです。例えば、友達と会うとなってもたいていは近場で会えますし、わざわざメーターでもわかるほど頻繁に出かけたりもしません。そうなってくると、浮気を疑う状況で、走行距離メーターまでもが突然増えていたりするのはとても怪しいです。さりげなく、相手に最近遠出をしたかどうか問い詰めてみる必要があります。

ここでもしも、慌てたり逆ギレなどしだしたら、ますます怪しいと疑う必要があります。そんなに、遠くに行くとは聞いていないのにメーターがかなり多くなっていると浮気を疑う必要があるため、普段からメーターは気をつけて見ておく必要があります。

もしも、休日にも仕事で出て行っても、メーターさえ確認しておけば、本当に仕事なのかどうか確認することができるからです。浮気調査が簡単にできます。仕事であれば、メーターもそんなに進むこともないはすです。浮気相手とどこか遠くへ遊びに行っている可能性が高くなります。もしも、浮気を疑うような行動が相手にみられ、休日もよく仕事に行くようになったら、浮気調査としてクルマのメーターを確認されることをおすすめします。

-浮気調査
-, ,

Copyright© 探偵調査会|突撃レポート取材 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.