依頼するのはやめたほうがいい探偵興信所!依頼する注意点と雇う費用

更新日:

探偵への依頼の多くは浮気調査

全体の7割~8割を占めます。

離婚を前提とした「浮気調査」ばかりではありません。

ある大手探偵に依頼される60%以上の方が復縁」を目的としています。

尾行・張り込み・聞き込みは自力では無理があり、探偵事務所に依頼し確実に証拠を取ることが必要。

◎離婚の際「浮気の証拠」があると有利な立場になります。

◎関係を修復するための事実調査で、早い段階で浮気をやめさせることも可能

でも、
注意点があります

国民消費者センターへの相談で
探偵トラブルが急増

相談は年間7,000件を超えるようになりました。

相談内容で多いのは、
1位,料金トラブル
⇒解約といったら高額な解約料の請求された

2位,調査レベルの低さ
⇒調査の内容が不十分(間違えて他人を尾行していた等

残念ですが、
依頼してはいけない探偵はあります

探偵選びで失敗しないために、
成功率の高い探偵事務所へ依頼することが一番大切なこと。

どの探偵に依頼するかで結果が大き変わります

たとえば弁護士から「裁判に勝てる証拠をとる」と推薦される原一探偵は、調査能力が高いと定評があります

★参考:原一探偵事務所公式サイト★
https://www.tantei-report.com/link/haraichi.html

探偵へ依頼するときの注意

探偵選びの注意点は、

1、大げさな誇大広告
⇒成功率100%などの表記

2、格安の料金ばかりアピール
見せかけの料金が多い着手金や契約を急がせるところには依頼しない

3、きちんとした事務所がない
事務所がないダミー会社の可能性あり

調査レベルが低い探偵

注意したいのは、
まともの調査しないで

追加費用を請求し、高額にする探偵

これが消費者センターへ、
調査レベルが低い
と相談クレームが増える理由。

では、
探偵の適正料金とは?

探偵業界の標準的な料金相場
30万円~90万円
なら妥当なところ(浮気調査の場合)

ずいぶん金額の幅がありますが、これは
依頼内容により料金が変わるため

たとえば調査員の人数、難易度、期間が違えば値段は異なります。

<参考:浮気調査にかかる期間

★参考:原一探偵事務所公式サイト★
https://www.tantei-report.com/link/haraichi.html

また探偵への支払方法は
1,パック料金制
2,稼働時間課金制
3,成功報酬制

など探偵ごとに違うので、契約する前に支払い方法は必ず確認してください。

たとえばパック料金制なら1日の料金が割安に

稼働時間制で長期化すると高い費用となるため、

依頼する探偵の料金体系を理解しておくと安心です

実績ある優良探偵とは?


難しいことはありません

広告の激安価格にだまされることなく、

証拠をつかむ調査力があり

調査後もしっかりアフターフォローしてくれる探偵を選ぶのがポイント。

また
専門のカウンセラーが常駐
離婚問題に強い弁護士と提携
など、

必要に応じて専門分野のスペシャリストと問題解決に取り組むところがオススメ。

これらの条件を満たしているのが原一探偵事務所

多くの探偵事務所への取材した私の体験でも、
スタッフの皆さんの対応が良かったのもハライチさんでした。

一番良いかは分かりませんが、
今までで理想に近い探偵でした

匿名・非通知でも相談できます

★参考:原一探偵事務所公式サイト★
https://www.tantei-report.com/link/haraichi.html

原一探偵事務所(全国対応)

調査力が群を抜いて高く
テレビ報道番組から取材協力依頼がくるほど。

メディアへの取材協力の多く
■ 日本テレビ「バンキシャ」
■ TBS「徳光和夫の感動再会」
■ テレビ朝日「TVのチカラ」

など多数

裁判に勝てる証拠をつかむため、多くの弁護士から推薦される実力

内閣総理大臣認可法人であり
審査が厳しい県庁ホームページに記載されている、唯一の探偵事務所

良心的な価格で、
分割払い可

フリーダイヤル
0120-700-357

無料相談はコチラ

そのほかの探偵

原一探偵も分割払いができますが、調査完了後の後払い希望の方もいらっしゃいます。

調査力としては原一がオススメですが、ハル探偵社は初期費用0円・後払い

支払い方法を優先したいかたにはハル探偵社にも相談するとお得です

ハル探偵社(後払い)

1時間6,000円(調査員1名)から調査ができるHAL探偵社。

しかも、
後払い

成功報酬だから頭金なし

初期費用0円が調査がスタートできます

証拠をつかんだ後の支払いも、
クレジットカードでもOK!

相談は匿名(とくめい)で大丈夫

秘密保持は厳重なので安心です。

メール相談・浮気診断はコチラ

フリーダイヤル 0120-110-836

まとめ


浮気調査といえば、探偵事務所をイメージしますが、これまで探偵事務所は全く規制がなく、誰でも探偵を名乗ることが出来ました。

そのため多くのトラブルが絶えず、多くの社会問題が発生することに。。。。

2006年に探偵業法案が通常国会にて成立したことから、様々な規制が始まりました

探偵業法が施工され、警察への届け出制が導入されました。

これにより、電話回線を転送させ、多くの拠点があるかのようなごまかしは減少しました。

悪徳探偵は、実際にない架空の事務所で信用させます。

★参考:優良探偵はしっかりしているハル探偵社公式サイト★
https://www.tantei-report.com/link/haraichi.html

またドラマでは、探偵はカッコよく描かれていますが、探偵法がないときの実際の探偵は、スポーツ新聞の三行広告で集めた素人を使って浮気調査を行っていたのが現状。

技術が低いだけでなく、守秘義務さえも守れない者もいたのです。

もちろん、
一部の優良探偵も存在します

ただ優良探偵の数が
圧倒的に少ない

探偵業法が施行されたことにより、探偵事務所や探偵の質が向上しつつありますが、まだまだ悪徳探偵が存在するのも事実

依頼しないほうがいい探偵は
いまも存在します。

どの探偵に依頼するかで結果が大きくかわります

後悔しないよう
実績のある優良探偵を選んでください

★原一探偵事務所ホームページ★https://www.tantei-report.com/link/haraichi.html

-探偵事務所
-, ,

Copyright© 探偵調査会|突撃レポート取材 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.