浮気くらいで離婚しない? 別れない本気だけど離婚しない理由ランキング

浮気 くらいで離婚しない 離婚しないのに別れない本気だけど離婚しない
最近は「浮気くらいで離婚しない」や「本気だけど離婚しない」などの色々な理由がランキング上位になってるの調べてみました。

絶対離婚したくない!話し合いで関係修復・やり直し

ある大手探偵の浮気調査で「不倫の証拠」をつかんだ後、
やり直しを希望する方は約7割もいらっしゃいます。

絶対離婚したくない!
話し合いで関係修復を望むなら、専門カウンセラーが常在し、やり直しに強い探偵がおすすめ。

離婚の原因は浮気が多いですが、そのほか、
別居・DVなど様々な理由があり離婚調停(離婚裁判)まで進んでるケースも。

夫(旦那)・妻(嫁)とやり直したい

もしも夫(旦那)・妻(嫁)が浮気しているんじゃないだろうか
という悩みが生じた時には、それを解決する策として浮気調査を依頼するという手段も有効です。浮気調査とは決して裏切りを証明するためだけのネガティブなものではなく、夫(旦那)・妻(嫁)を大切に思っているからこそ、今後も前向きに関係を築いていきたいという方にもお勧めです。

人は一度疑念が生じてしまうと、その不安感に支配されて冷静さを失います。例えばお相手に本当に急な残業が舞い込み帰宅が遅くなった、もしくはデートをドタキャンされたなどのことでも、万事にマイナス思考が先立っていると、この人は嘘をついているのではないかと感じてしまいます。感情とは時に判断力を鈍らせ、自らご自身をミスリードしてしまうものなのです。

そこで、おふたりの間柄を外部から見つめられる第三者の視点が重要となってきます。仮に悩みを親友に相談したとしても、それを受ける側も大事な友を思うあまりに、なかなか公平な助言は出来にくいのが現実です。つい一緒に感情的になってしまい、そんなに辛い思いをしているのならば別れたほうが良いなどという早計なアドバイスになりがちです。

心の奥底ではやり直したいと思っている時に、これではかえって後向きにベクトルが働いてしまいます。だからこそ客観性をもてる機関の視点・調査力が有効なのです。

探偵の浮気調査の結果次第では夫(旦那)・妻(嫁)の潔白が証明され、不安感から即解放される幸せな例もありますし、浮気が判明してしまった場合でも、それを踏まえた上で、この先どう二人の間柄を修正していくべきかを建設的に考えられます。ご自身の心中や頭の中だけで悩みを必要以上に膨らませず、先ずはきちんと事実を把握することが肝心なのです。

離婚したくない理由と妻の心理とは

探偵に浮気調査を依頼する方の目的は実に様々で、具体例を挙げますと、最終的には離婚をしたいので、今のうちに相手のウィークポイントをあぶり出しておきたいというハードなケースから、漠然と現状の夫婦関係に不安感を抱き、その原因が相手の浮気にあるのではないかと悩まれているケース、あるいは既に浮気自体は確定なのだが、その相手がどこの誰なのかを突き止めたいというケースなど、依頼者の動機はそのベクトルによって違ってきます。

ではベクトルとは何なのかを考えると、それは浮気調査の結果後に果たしてどうしたいのか、ひいてはどう生きたいのかということにも繋がっていくのです。

先に挙げた例になぞらえると、離婚目的の方はひとえに自分自身の今後のための一段階といえます。逆に不安感から解放されたいという方は、それほどまでに相手のことを深く思っている証でもあり、仮に浮気の証拠が出て来てしまったとしても、それを踏まえて上で関係を修復し、ふたりの今後を見い出したいという、前向きな一歩への足掛かりとなることも有り得ます。

また矛先が夫(旦那)・妻(嫁)にではなく浮気相手へと向けられているケースでは、怒りや恨みや悲しみを自分たち夫婦以外へ向けて投げ出すことにより、不純なものを浄化してリセットできる場合もあります。

いずれにしても浮気調査とは、決して破局へと向かうためだけにあるのではありません。臭いものには蓋とばかりに見て見ぬふりでやり過ごし、取り返しのつかない地点到達を招くよりも、 離婚を未然に防ぐための有効な手段なのです。

証拠調査・離婚調査|裁判で認められる証拠と認められない証拠

証拠調査・離婚調査という言い方もありますが、内容は素行・行動調査と基本は同じ。
目的は不倫相手への慰謝料請求、離婚裁判、離婚訴訟のための証拠をとるもの。

証拠調査・離婚調査を探偵事務所(興信所)に依頼して裁判での浮気の証拠として使いたいのであれば、それなりの報告書が必要です。離婚を有利に進めるためには、調停や裁判で動かぬ証拠として利用できる証拠能力のある報告書が必要です。証拠調査・離婚調査を依頼するだけではダメです。ホテルに入る写真が一枚あるだけでは、証拠として利用することができません。夫婦の話し合いくらいなら使えますが、離婚を有利にするための証拠として裁判で使いたいのなら足りません。証拠調査・離婚調査を依頼して、証拠能力のある報告書が欲しいのなら、それなりの報告書を用意してくれる探偵を選びましょう。

不倫・浮気相手に慰謝料の請求をする

この場合には、探偵事務所・興信所に必ず確認しておかなけばいけないのは「所在確認」が費用に含まれているかどうか?

浮気・不倫相手の氏名や住所も調べることを「所在確認」といいますが、これは別途料金となるところもあります。浮気の証拠「不貞行為」を特定したあと、不倫相手を尾行し住所、名前、顔写真、もっと言えば、翌日以降も張り込みをして、勤務先も確認する。浮気相手が収入があるれば裁判で慰謝料の請求がしやすくなるため。

自分で調査をする方法もありますが、それですと証拠能力のある証拠を用意するのは難しいです。失敗すると高いものにつきますし、証拠調査・離婚調査は自分で行うよりもプロの力を借りたほうが良いです。プロの力を安く利用できるように工夫をすることはできます。怪しい曜日や時間帯、行動範囲など把握できる範囲のことを伝えておくとよいです。浮気相手の氏名や住所が分かっているのなら、知っていることを事前に伝えて調べる必要がないことを指定しておくと良いです。証拠調査・離婚調査の証拠を握って離婚のことや慰謝料のことなど有利に進めたいのなら、そのような調査が得意なところを選びましょう。アルバイトが調査するような激安・格安の便利屋・調査会社や、高額な悪徳業者は避けて、調査能力が高くて証拠能力の高い報告書を用意してくれるところを選ぶとよいです。

法的に有効な浮気の証拠は3年間

旦那(嫁)配偶者に浮気の事実があった場合、争いの場を法廷に移しての慰謝料請求に踏み切る人も多いですが、当然のことながらその為には証拠が必要です。

しかしながら、法的に有効な証拠を揃えることは実は簡単ではありません。
一般に、メールでの浮気相手とのやりとりを持って浮気の証拠とする人も多いですが、その程度では個人間の話し合いの突破口にはなっても、法的には強い効力は無いのです。

では法廷の場で慰謝料請求などを有利に進めることができる証拠とは何かといえば、不貞行為(具体的には肉体関係)があったことの証明になります。

しかし、この場合でも1回のみでは証拠能力としては弱く、万全を期す為には複数回のホテルの出入りなどを、写真の証拠として確保する必要があるのです。

ここまでのレベルの証拠を確保するとなると、非常に繊細且つ高度な調査が必要で、間違いのない調査を行う為には、証拠調査・離婚調査を探偵に依頼することが得策となります。

優れた調査員、高性能の機器を有し、浮気におけるあらゆる行動パターンに精通している探偵による証拠調査・離婚調査ならば、効率的に対象の浮気の現場を突き止め、写真の証拠を確保することが可能。

また、浮気相手に慰謝料請求を行う場合には、当然ながら相手の身元確認が必要(ここは最初に見積もりほ含まれているのか要確認)、探偵の証拠調査・離婚調査はそういった面もフォローしてくれるので、スムーズに法的措置に移ることもできます。

自分で証拠を確保しようと尾行などをして失敗した場合、その後証拠を確保することが極めて困難になってしまうので、安易な行動に走ることなくプロに依頼しましょう。

国内最大級の実力派!

原一探偵事務所
原一探偵【公式サイト】
https://www.haraichi.co.jp/
匿名・非通知で無料相談OK!
フリーダイヤル24時間受付中!
0120-700-357

0円で浮気調査スタート!

HAL探偵社
ハル探偵社【公式サイト】
https://hal-tanteisya.com/
0円で浮気調査スタート!
後払い・分割払い・クレジットカード可
匿名・非通知で無料相談OK
フリーダイヤル7~23時間対応!
0120-110-836

  • この記事を書いた人

探偵レポートby井上優

はじめまして、運営者の井上優と申します。 ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。 探偵の実情に関しては、私が実際に取材した内容や、探偵事務所に依頼した体験を持つ友人からの聞き取り調査を行っております。 探偵に依頼する前に読んでください。損はさせません。 私が実際に取材した探偵事務所・興信所の取材ブログ。費用料金や相場、どこまでの内容?など。 安心して依頼できる探偵と、逆に依頼しないほうがいい探偵をお知らせします。 有利になる証拠をとる実力派と格安料金で証拠がとれない。 追加料金を請求する悪質な探偵がいるのも事実で、探偵選びで失敗しない秘訣を公開

-浮気・不倫相談
-, ,