探偵の浮気調査の流れ|離婚・慰謝料・訴訟裁判で勝つ浮気の証拠をつかむ

投稿日:

浮気が原因の離婚・慰謝料請求は裁判所が認める「浮気の証拠」があれば、かなり立場が有利になります。

探偵・興信所は「浮気調査のプロ」で、裁判所で提出できる報告書を作成できるので、絶対に離婚したい・慰謝料の請求がしたいなら実績ある大手へ無料相談をしてみてください。

探偵の浮気調査の流れ

探偵に浮気調査を依頼しようと考えた時、どのような流れで調査が行われていくのか気になるはずです。

浮気調査の流れは探偵事務所などによって大きく異なるということはないので、あらかじめ知っておくとスムーズに依頼をすることができるでしょう。

では、まず依頼する探偵事務所が決まったら、電話やメールなどから無料相談を申し込むことからはじめます。

最近ではホームページ上にあるWebフォームなどから、必要事項を記入するだけで申し込みが行うことが出来るようになっているところもありますので、そういったものを利用して申し込みをしましょう。

申し込みをした後は、探偵事務所の方から折り返し連絡がありますので、面談日時を決めて、実際に事務所の方で面談を行います。

面談では依頼の詳細や調査費用の見積もり、調査方法の説明、その他、疑問や不安など様々なことを話し合い、全てに納得すれば契約となります。

もしも、この際、合意できないことがあればその場で断っても構いません。基本的にここまでは無料で行われることが多いです。
契約を結んだあとは、実際に浮気調査が行われます。

面談の際に決めた調査員の数や調査日数、その都度の中間報告の有無などに応じて、随時連絡が入ります。

規定の日数分の調査が終わった後は、調査内容と結果をまとめた報告書が作成されて調査は終了となります。また内容に納得できない場合は、追加での依頼を行うことも可能です。

以上が大まかな浮気調査の流れとなります。

コラム:浮気調査の基礎知識

たとえば、自分の配偶者が浮気をしていたり、怪しいと思った場合には、浮気をやめさせるために、もしくは浮気の証拠をがっちりつかんで有利に離婚するために浮気調査をする場合があります。

浮気調査は、ありとあらゆる道具やテクニックを駆使して、浮気の証拠をしっかりとおさえます。

そのため、素人ではなかなか抑えることができない場面の写真や動画を残すことができます。このような証拠があれば、浮気相手に内容証明をおくり、二度と配偶者に近づかないようにしたり、慰謝料を請求したりすることができます。場合によっては社会的制裁を加えることも可能になります。また、離婚をしたくない場合においても、浮気の証拠をしっかりとたたきつけることで、配偶者にお灸を据えることもできます。
ただし、浮気調査をするのには費用がかかり、期間が長くなればなるほど、高くなります。

なるべく費用を安くおさえるための豆知識としては、浮気調査にかかる時間を少なくするため、浮気をしそうな日をねらって動いてもらうことです。

たとえば、前々から「出張がある」といっている日や、「飲み会がある」などといって怪しい言動がある場合には、その日に照準をしぼって、尾行をし、ホテルに入る写真を撮るなどの証拠をおさえることができます。

そのため、少しでも費用を安く抑えたい場合には、ある程度配偶者が浮気をしそうな場面をおさえておくことが大切です。協力することでより早く、安く解決できます。

-浮気調査
-, ,

Copyright© 探偵調査会|突撃レポート取材 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.