匿名・非通知の無料相談24時間受付中!
原一探偵事務所
今すぐ!フリーダイヤル 0120-700-357

証拠調査・離婚調査|裁判で認められる証拠と認められない証拠

投稿日:

証拠調査・離婚調査という言い方もありますが、内容は素行・行動調査と基本は同じ。
目的は不倫相手への慰謝料請求、離婚裁判、離婚訴訟のための証拠をとるもの。

証拠調査・離婚調査を探偵事務所(興信所)に依頼して裁判での浮気の証拠として使いたいのであれば、それなりの報告書が必要です。離婚を有利に進めるためには、調停や裁判で動かぬ証拠として利用できる証拠能力のある報告書が必要です。証拠調査・離婚調査を依頼するだけではダメです。ホテルに入る写真が一枚あるだけでは、証拠として利用することができません。夫婦の話し合いくらいなら使えますが、離婚を有利にするための証拠として裁判で使いたいのなら足りません。証拠調査・離婚調査を依頼して、証拠能力のある報告書が欲しいのなら、それなりの報告書を用意してくれる探偵を選びましょう。

不倫・浮気相手に慰謝料の請求をする

この場合には、探偵事務所・興信所に必ず確認しておかなけばいけないのは「所在確認」が費用に含まれているかどうか?

浮気・不倫相手の氏名や住所も調べることを「所在確認」といいますが、これは別途料金となるところもあります。浮気の証拠「不貞行為」を特定したあと、不倫相手を尾行し住所、名前、顔写真、もっと言えば、翌日以降も張り込みをして、勤務先も確認する。浮気相手が収入があるれば裁判で慰謝料の請求がしやすくなるため。

自分で調査をする方法もありますが、それですと証拠能力のある証拠を用意するのは難しいです。失敗すると高いものにつきますし、証拠調査・離婚調査は自分で行うよりもプロの力を借りたほうが良いです。プロの力を安く利用できるように工夫をすることはできます。怪しい曜日や時間帯、行動範囲など把握できる範囲のことを伝えておくとよいです。浮気相手の氏名や住所が分かっているのなら、知っていることを事前に伝えて調べる必要がないことを指定しておくと良いです。証拠調査・離婚調査の証拠を握って離婚のことや慰謝料のことなど有利に進めたいのなら、そのような調査が得意なところを選びましょう。アルバイトが調査するような激安・格安の便利屋・調査会社や、高額な悪徳業者は避けて、調査能力が高くて証拠能力の高い報告書を用意してくれるところを選ぶとよいです。

法的に有効な浮気の証拠は3年間

旦那(嫁)配偶者に浮気の事実があった場合、争いの場を法廷に移しての慰謝料請求に踏み切る人も多いですが、当然のことながらその為には証拠が必要です。

しかしながら、法的に有効な証拠を揃えることは実は簡単ではありません。
一般に、メールでの浮気相手とのやりとりを持って浮気の証拠とする人も多いですが、その程度では個人間の話し合いの突破口にはなっても、法的には強い効力は無いのです。

では法廷の場で慰謝料請求などを有利に進めることができる証拠とは何かといえば、不貞行為(具体的には肉体関係)があったことの証明になります。

しかし、この場合でも1回のみでは証拠能力としては弱く、万全を期す為には複数回のホテルの出入りなどを、写真の証拠として確保する必要があるのです。

ここまでのレベルの証拠を確保するとなると、非常に繊細且つ高度な調査が必要で、間違いのない調査を行う為には、証拠調査・離婚調査を探偵に依頼することが得策となります。

優れた調査員、高性能の機器を有し、浮気におけるあらゆる行動パターンに精通している探偵による証拠調査・離婚調査ならば、効率的に対象の浮気の現場を突き止め、写真の証拠を確保することが可能。

また、浮気相手に慰謝料請求を行う場合には、当然ながら相手の身元確認が必要(ここは最初に見積もりほ含まれているのか要確認)、探偵の証拠調査・離婚調査はそういった面もフォローしてくれるので、スムーズに法的措置に移ることもできます。

自分で証拠を確保しようと尾行などをして失敗した場合、その後証拠を確保することが極めて困難になってしまうので、安易な行動に走ることなくプロに依頼しましょう。

匿名・非通知の無料相談24時間受付中!
SNSで浮気発見
今すぐ!フリーダイヤル 0120-700-357

-探偵事務所
-, ,

Copyright© 探偵調査共済会※実録取材レポート信頼できる優良探偵¥保存版 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.