父親の浮気調査|親の不倫は許せない!確実に証拠を取る探偵3社

2021年7月16日

父親の浮気調査 許せない

父親の浮気に悩む方が増え、探偵へ依頼する方も急増しています。

ただ、「どの探偵が良いのか、わからない」

という方が多数いらっしゃいます。

この記事は費用、実績ある探偵について詳しく描いています。

<内容>
●父親の浮気調査に強い探偵
●多くの弁護士事務所から推薦される探偵
●弁護士法人が作った探偵

父親の浮気調査の費用と予算

父親の浮気調査を依頼する時、まず気になるのが予算でしょう。

自社サイトに料金体系を明記している場合を除き、見積もりを取ってからでないと実際かかる料金は分からないことがほとんどです。

この種の調査は依頼者のニーズに合わせてサービスを提供する請負契約であるため、依頼者から具体的な相談内容を聞かないと、どの程度の人員や期間が必要になるのかが分からず、料金が決められないからです。浮気の証拠をつかむだけだったり、相手の勤務先を割り出すといった依頼であれば比較的安価ですが、相手の素性まで知りたい場合はある程度の料金がかかります。

一般的な相場でいえば、張り込みや尾行、撮影などの調査を平日1日6時間行い、それを1週間続けた場合、30万円?50万円超の予算が必要です。

このように金額には幅がありますから、父親の浮気調査を依頼する際は複数社から見積もりを取り、比較検討することをおすすめします。

父親の浮気調査で実績ある探偵社

激安価格にだまされることなく、
調査力があり、
相談員がしっかりアフターフォローしてくれる探偵を選ぶのがポイント。

たとえば
弁護士が推薦する「原一探偵事務所」
浮気調査専門で、後払いできる「ハル探偵社」、
地元密着でアットホーム復縁に強い「総合探偵TS社」
弁護士法人が作った探偵「東京探偵社ALG」
なら安心です。

それでは上記の探偵のポイントを紹介していきます。

原一探偵事務所(全国対応)

業界NO,1の調査力であり、
テレビ報道番組から取材協力依頼がくるほど。

即日調査・全国無料出張も可能です。

全国18箇所に拠点を持ち、
訓練された調査員レベルの高さは、
探偵業界で群を抜いています

裁判に勝てる証拠をつかむため、
多くの弁護士から推薦される実力

メディアへの取材協力の多く
日本テレビ「バンキシャ」
TBS「徳光和夫の感動再会」
テレビ朝日「TVのチカラ」
など多数

内閣総理大臣認可法人 であり,
審査が厳しい県庁ホームページに記載されている、唯一の探偵事務所
宮城県・愛媛県で掲載あり!

確実に証拠をとる探偵

無料相談は24時間
電話・メールのどちらも受付
匿名(とくめい)での相談可

原一探偵事務所

フリーダイヤル
0120-700-357

>>無料お問い合わせはコチラ<<
 

ハル探偵社(後払い・着手金0円)

6,000円から素行調査ができるHAL探偵社。
しかも、
後払いの成功報酬だから、初期費用0円!

証拠をつかんだ後の支払いも、
クレジットカードでの分割払いもOK!

追加料金一切なし

後払いOK!

HAL探偵社
フリーダイヤル 0120-110-836

相談のときは匿名(とくめい)で大丈夫
秘密保持は厳重なので安心です。

調査内容・報告書に一切妥協していません。
裁判所で使用できる報告書です。

過去に探偵社に電話したら「上から目線」「タメ口」「話を聞いてもらえない」という話をよく聞きます。
業界にありがちな怪しいイメージですが、ハル探偵社は丁寧な対応なので安心です。

【まとめ】
成功報酬&後払い(初期費用/0円)
裁判で使える報告書
●追加料金は一切なし

フリーダイヤル 0120-110-836
24時間・匿名・通話無料

メール相談・浮気診断【無料】はコチラ

総合探偵TS社(東京・神奈川・横浜)


復縁・やり直しを希望なら、この探偵

代表が夫婦カウンセラー資格をもち、
関係修復・離婚したくない方に、オススメの探偵社

1時間単位から依頼することが可能!

24時間365日 無料相談/見積受付

北海道~沖縄まで全国対応

安心の料金設定(分割払い、カード払い可)

法律専門家の起用

テレビ・雑誌など多くのメディア実績あり

  • 夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、
    離婚あるいは復縁まで適切なアドバイス
  • 警察OBも在籍、調査力にも定評があります。
  • 1時間単位で依頼できる
  • 分割払いOK

フリーダイヤル0120-656-187

東京探偵社ALG(弁護士が運営)

大手の弁護士事務所がつくった探偵で、
日本一安心できる探偵会社
後払い・即日調査も可能。
1時間7,000円から浮気調査ができます

所属弁護士50名以上、全国8拠点を持つ、
弁護士法人ALG&Associatesが親会社。

料金も最安値で、
後払い・分割払いができる

調査も確実で裁判に勝てる証拠をつかみます。

依頼者の立場にたった良心的な対応。

新宿本社は弁護士事務所と同じフロアにあり、弁護士さんとの連携も抜群!

さすが、弁護士グループ会社、信頼感が他の探偵とは違います

無料相談・無料見積あり ,
希望があれば弁護士も同席できます。

依頼者のために、弁護士がつくった探偵会社
※東京・神奈川・千葉・埼玉エリアに強い!

信頼ある最安値料金
他の探偵の見積もりと、比べててみてください。

探偵の一括見積もりができるサイト

(例)探偵見積もりドットコムなどもあるので、
そこで複数の探偵社の無料見積もりを取ると楽に比較できます。

最近は父親の浮気調査を行っている探偵事務所は増えていますが、どこの業者を選んだらいいのか分からないといった声も聞きます。

そのような時には探偵事務所の口コミサイトやランキングサイトを参考にするといいでしょう。

メディアでもよく見かける探偵事務所は安心感がありますし、信頼性も高いので特に初めて利用される方に人気となっています。

また、父親の浮気調査の料金を明確にしている、最近は時間制で依頼できる探偵事務所も増えています。

見積りにも対応していますから、費用に不安のある方はメールや電話で問い合わせてみるといいでしょう。

調査後に弁護士を紹介しているなどアフターサービスに力を入れている探偵事務所も人気となっており、今後どうしたいか悩んでいる方にはきっと良い解決方法が見つかるはずです。

父親の浮気は許せない!調査をすすめる理由

父親の浮気が気になる人に父親の浮気調査をすすめる理由 "父親の浮気調査、というとどのようなイメージを浮かべるでしょうか。中には、父親を信用していないから調査をするみたいで嫌・・・、という女性も多くいるとは思います。

しかし、父親を信じたいからこそ父親の浮気調査をしてもらう、というのも一つの手段だといえます。例えば良く女性と出会っている、という情報だけだと、もしかしたら仕事上の付き合いだけかもしれませんし、実は姉や妹だったという事も考えられます。

調査するという事は、そういった可能性を調べるという事であり、その真相をしって笑い話にする事だってできるのです。逆に、本当に浮気をしている場合もあるため、きちんとした証拠をつかんでおく必要もあります。

どうしても父親の浮気調査をする決心がつかないという場合は、一度調査会社などに相談をしてみて、それから決めるのも悪くありません。

自分で父親の浮気調査を行うリスク

自分でで父親の浮気調査を行う方法 自分でできる父親の浮気調査の方法として、まず行なうのは調査をしたい相手の動向をチェックすることです。

携帯電話を肌身離さず持っていたり、夜に電話をすると電話に出ないことが多くなったりすると浮気を疑った方がいいかもしれません。

父親の浮気調査で一番、簡単な方法は情報がたくさん入っている相手の携帯電話を見ることですが、スマホなどの場合、ロックがかかっていて見れないこともあります。

そんなときは、「ちょっと携帯を貸して欲しい」と言って揺さぶりをかけることができます。ここで相手が怪しい行動をするかどうかなどを判断できます。

携帯電話のロックが解除できた場合は、メールなどをチェックして怪しい内容があったら、携帯の画面を写真に撮っておくと証拠となります。

証拠をたくさん集めておくと有利ですが、携帯電話を見ることはプライバシーの問題にもなりますので慎重に行なうことが大切です。

父親のパソコン・スマホ・携帯ハッキングは注意

父親の浮気調査のハッキングには、携帯電話の過去ログからメールのやり取りをしていく方式をとります。この方法にはクローン携帯によってミッションが行われますが、これは正規契約と同等の携帯電話によってやり取りがされていきます。あえてメールでのやり取りを選択するには訳があり、電話をすると相手側に料金が請求される仕組みになるからです。場合によってはWebサイトのログオン履歴も開示することができますが、これはキーロガー(ソフトウェアの一種)の導入をオプションとして捉えておく必要があります。この携帯電話のハッキングによる父親の浮気調査は、比較的料金が安く設定されています。よって、不倫と疑わしき場面に遭遇したら、お気軽に相談できるメニューとなります。

いくら父親の浮気調査でも違法行為はNG

父親の浮気調査においては、ターゲットが浮気をしている現場、およびそれを示唆する状況を確実に証拠として押さえることが重要となってきます。

ですが、いくら自分の父親といっても違法行為をして不倫の証拠を取るのは、あとあと自分に不利になり、かえって父親や浮気相手が有利になることさえありますから注意が必要。

その意味でもプロの探偵を雇って適切な録音機材を使って会話内容を録音することは、後日その証拠を本人に突きつけたり、あるいは最終的に法廷で決着をつけることになった際にも極めて有効です。

もちろん、家庭内であればターゲットの自室に盗聴器を仕掛けたり、電話がかかってきた時に近くにボイスレコーダーを回して置いておく方法もあるでしょう。しかし、違法行為と父親に訴えられたらどうなるでしょうか?

また、探偵や興信所などのプロの手を借りると、父親の浮気調査で尾行や張り込みなどを続ける中で決定的な場面に遭遇した折にはそのすぐ間近で高性能のマイクを使って会話を記録するなどの手法にも秀でています。これらは浮気問題を解決する上でも大きな鍵となるはずです。

不貞行為の証拠?裁判で勝てる浮気の証拠はハードルが高い

不貞行為 浮気の証拠

カンタンに浮気の証拠といっても、

裁判所で認められる不貞行為を証明するには、かなりハードルが高いものとなります。

あとで説明しますが、浮気相手とのデートの写真や食事、ラインの履歴では裁判で不貞行為とは認められません。

不貞行為とは肉体的行為があっと認められる事実があること。

裁判ではこれを立証する必要があるのです。

もちろん示談でいいならデート写真を抑えるくらいでいいかもしれません。

もっというなら不倫相手とラブホテルに一緒にはいった画像をとること。

でも、でもですね、この不倫相手とラブホテルに一緒にはいった写真画像の1回だけでば、

裁判で不貞行為があっとは認められない可能性があるのです。。。。。。

裁判での浮気の証拠(不貞行為)について

浮気調査を依頼して裁判での浮気の証拠として使いたいのであれば、それなりの報告書が必要です。

離婚を有利に進めるためには、調停や裁判で動かぬ証拠として利用できる証拠能力のある報告書が必要です。

浮気調査を依頼するだけではダメです。

ホテルに入る写真が一枚あるだけでは、証拠として利用することができません。

夫婦の話し合いくらいなら使えますが、離婚を有利にするための証拠として裁判で使いたいのなら足りません。

浮気調査を依頼して、証拠能力のある報告書が欲しいのなら、それなりの報告書を用意してくれる探偵を選びましょう。

浮気相手に慰謝料の請求をする場合には、相手の氏名や住所も調べて貰うことが必要です。

自分で調査をする方法もありますが、それですと証拠能力のある証拠を用意するのは難しいです。

失敗すると高いものにつきますし、浮気調査は自分で行うよりもプロの力を借りたほうが良いです。

プロの力を安く利用できるように工夫をすることはできます。

怪しい曜日や時間帯、行動範囲など把握できる範囲のことを伝えておくとよいです。

浮気相手の氏名や住所が分かっているのなら、知っていることを事前に伝えて調べる必要がないことを指定しておくと良いです。

浮気調査の証拠を握って離婚のことや慰謝料のことなど有利に進めたいのなら、そのような調査が得意なところを選びましょう。

アルバイトが調査するような激安調査会社や、高額な悪徳業者は避けて、調査能力が高くて証拠能力の高い報告書を用意してくれるところを選ぶとよいです。

浮気の証拠(不貞行為):メール履歴・着信など

近年、離婚件数が毎年増えていること、ご存じでしたか。

統計では年間で3組に1組が離婚する結果に。

この原因としては、昔と違い、妻も仕事を持ち、夫と別れても充分に生活をしていけることなどがあります。
そのため、夫の浮気などですぐに離婚というケースもあります。

しかも、今はインターネットが普及していて、いろんな情報も集めることが出来ますので、しっかりと夫と愛人の両方から慰謝料をもらう妻も増えています。

弁護士に相談したり、探偵会社に依頼をしたりして、浮気の証拠をおさえて裁判を起こすことも多くあります。
これは、夫や愛人がしらばっくれるのを防ぐためもあり、また、制裁を加える意味もあります。

そういう理由で、浮気調査などは妻にとっては強い味方になります。

浮気調査では、夫が愛人に送ったメールなども浮気の証拠になります。(あくまで示談の場合)

※裁判では不貞の証拠にはならない。

このメールですが、一度削除してしまっても、復元することが出来ますので、浮気の証拠としてはとても効果があるのです。

また、愛人と密会していた写真なども証拠になりますし、愛人と行ったレストランの領収書やレシートなども証拠として使うことが出来ます。

浮気調査の費用としては、探偵会社に依頼した場合には、三日ほど依頼して49万ほど掛かってしまいますが、それでも有耶無耶にされるよりはしっかりと慰謝料を請求出来ますので、もとは充分に取れます。

浮気調査の結果、実は浮気をしていなかったというケースもあり、その場合は浮気の疑いも晴れますので、妻も安心することが出来ます。

でも、出来れば離婚よりも夫婦の再構築を望みたいですね。

浮気現場を撮った写真の証拠

配偶者に浮気の事実があった場合、争いの場を法廷に移しての慰謝料請求に踏み切る人も多いですが、当然のことながらその為には証拠が必要です。

しかしながら、法的に有効な証拠を揃えることは実は簡単ではありません。

一般に、メールでの浮気相手とのやりとりを持って浮気の証拠とする人も多いですが、その程度では個人間の話し合いの突破口にはなっても、法的には強い効力は無いのです。

では法廷の場で慰謝料請求などを有利に進めることができる証拠とは何かといえば、肉体関係があったことの証明になります。
しかし、この場合でも1回のみでは証拠能力としては弱く、万全を期す為には複数回のホテルの出入りなどを、写真の証拠として確保する必要があるのです。

ここまでのレベルの証拠を確保するとなると、非常に繊細且つ高度な調査が必要で、間違いのない調査を行う為には、浮気調査を探偵に依頼することが得策となります。

優れた調査員、高性能の機器を有し、浮気におけるあらゆる行動パターンに精通している探偵による浮気調査ならば、効率的に対象の浮気の現場を突き止め、写真の証拠を確保することが可能です。

また、浮気相手に慰謝料請求を行う場合には、当然ながら相手の身元確認が必要ですが、探偵の浮気調査はそういった面もフォローしてくれるので、スムーズに法的措置に移ることもできます。

自分で証拠を確保しようと尾行などをして失敗した場合、その後証拠を確保することが極めて困難になってしまうので、安易な行動に走ることなくプロに依頼しましょう。

浮気相手との会話録音テープ・ボイスレコーダーの証拠

浮気調査において、裁判では不貞行為を複数回以上なければ離婚事由にあたらないため、勝訴することが難しくなってきます。

勝つためには、証拠をそろえなければなりません。浮気調査の証拠を握る為には、ホテルへ入っていく写真や映像があればいいのですがなかなか早々に撮れるものではありません。

テープレコーダーやボイスレコーダーを忍ばせて浮気の現場を押さえるには、バッテリー切れや忍ばせたレコーダーを気づかれないことが条件となってきますので、こちらも難しいと思います。

しかし、録音テープを証拠とするには、比較的使いやすい浮気調査の方法であると思います。実際に浮気相手が分れば、自身で話しに向かい録音しておいたり、自身の配偶者の話を録音しておく方法です。

しかし、これには注意が必要になってきます。もし、あなが録音テープを忍ばせて相手に気づかれないように録音していて証拠として裁判で提出したとしましょう。そこで、相手が脅されて、事実と無関係なことをしゃべったと供述すると、たとえ事実とは、違ったとしても証拠としては弱いものとなり、せっかく用意した証拠が決定的なものとは認められません。

ですから会話を始める際に、録音テープにあなたが録音していることを相手に伝えた上で録りましょう。そうすれば間違いなく証拠となるでしょう。裁判ではそのほかに録音データを文字に起した反訳書が必要になります。専門業者でもかまいませんが、相談している弁護士に頼むことも可能です。

業界最安値宣言!

HAL探偵社
匿名・非通知で無料相談OK
分割払い・クレジットカード可
1時間7,000円(税込み)

フリーダイヤル24時間受付中!
0120-700-357

  • この記事を書いた人

探偵レポートby井上優

はじめまして、運営者の井上優と申します。ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。探偵の実情に関しては、私が実際に取材した内容や、探偵事務所に依頼した体験を持つ友人からの聞き取り調査を行っております。探偵に依頼する前に読んでください。損はさせません。私が実際に取材した探偵事務所・興信所の取材ブログ。費用料金や相場、どこまでの内容?など。安心して依頼できる探偵と、逆に依頼しないほうがいい探偵をお知らせします。有利になる証拠をとる実力派と格安料金で証拠がとれない。追加料金を請求する悪質な探偵がいるのも事実で、探偵選びで失敗しない秘訣を公開

-探偵事務所
-, ,