尾行の依頼は追跡料金が安い探偵に!成功する弁護士推薦の探偵が確実

更新日:


追跡(尾行)に強い探偵とは?

1,裁判に勝てる証拠をつかむ
2,最低3年以上の経験のある自社の調査員がいる
3,豊富な調査員で即日対応できる人員が整っている

急ぎの浮気・素行調査に依頼するとき、あせって探偵選び失敗するケースが増えています

証拠をつかむ重要な調査なので、しっかりした探偵を選ぶべき。

料金も良心的で紳士的な対応をしてくれる探偵事務所があります

追跡の依頼ができる探偵

弁護士が推薦する、追跡(尾行)調査で実績ある探偵をまとめました。

もちろん追跡料金は相場より安い価格

原一探偵事務所(全国対応)

即日で全国対応できる唯一の探偵。

よく広告で「全国対応」とアピールする探偵がありますが、提携している探偵に依頼するだけ。

アウトソーシングで自社の社員ではりません。なかには依頼先の探偵がアルバトや素人をつかって追跡(尾行)するケースも。

原一探偵は全国18ヶ所に支社を持ち、訓練された自社スタッフ(正社員)が約120名。
支社・調査員の数は日本一であり、創業40年、解決実績8万件の実績ある大手。

その追跡(尾行)の調査力は探偵の中でも群を抜いた高さであり、
裁判に勝てる証拠をつかむ探偵として、多くの弁護士事務所から推薦されています

料金はパック料金なので、最初の無料見積で総額をおしえてくれます。
その金額から追加料金は一切発生しません。

1日だけの追跡(尾行)も依頼できるの、まずはフリーダイヤルで無料相談してみてください

原一探偵事務所


匿名でいまスグ相談!

フリーダイヤル
0120-700-357

実際に私も原一探偵事務所の本社へ取材にいき、追跡(尾行)訓練に参加させて頂きました。
警察関係者も驚くほどのレベルの高さでした。

依頼者のために熱意をもって仕事に取り組む原一探偵「調査部」のかたがたに頭が下がる思いです。

ハル探偵社全国対応)

全国対応できる大手探偵事務所。

特徴は追跡(尾行)調査の費用が、

後払い

初期費用0円で追跡(尾行)が依頼できます。

HAL探偵社


匿名でいまスグ無料相談!

フリーダイヤル
0120-110-836

追跡の依頼は調査能力の高い探偵へ

追跡(尾行)依頼は、価格の前に、調査力の高さが重要。
せっかく追跡(尾行)調査に料金を払っても、失敗したら費用をドブに捨てるようなもの。

浮気・素行調査でいちばん能力の差がでるのは「追跡(尾行)」。

追跡(尾行)・追跡は、プロの探偵・興信所の調査員の基礎であり、調査業務のエンジン部分。

この基礎であり、エンジン部分の技術差が探偵・興信所に大きなレベルの差があるのです。

追跡(尾行)依頼するときに、追跡(尾行)能力の差はわかりませんね。

無料相談で、確かめる方法があります。

まず、依頼しようと思った探偵・興信所で少なくとも3社以上に見積もりを依頼してください。
できれば、その事務所へ訪問して面談できればいいのですが、できない場合は電話でも結構です。

追跡(尾行)依頼する前に、質問する内容

1・調査員は何名ですか?
⇒事務スタッフ・相談員を含めた人数をいう探偵は依頼しない。

実際に追跡(尾行)調査する人員を答える、正直なな探偵へ依頼すること

2・みなさん探偵経験はどのくらいですか?

⇒ここをあいまいに答える探偵に依頼しない

プロの追跡(尾行)調査は最低3年はかかります。
しかも、研修訓練されての3年

ここをあいまいにいうのはアルバイト、未熟な調査員の可能性あり。

3・追跡(尾行)に失敗したことはありますか?

⇒100%成功はありません。
ここで誇大に説明する探偵へは依頼しない。

逆に、追跡(尾行)のメリット・デメリットを親身に説明してくれる探偵なら安心

4.追跡(尾行)は何名でおこないますか?

⇒通常2名以上

難易度によって3名以上になることもあり。
1名での追跡(尾行)は失尾する可能性が高いので、普通は1名での追跡(尾行)はありません。

浮気調査・素行調査などの行動調査は追跡(尾行)・追跡で、浮気・不倫の証拠をつかむ重要な部分。

浮気・不倫の事実を明確にする生命線であり、この追跡(尾行)能力が低い探偵に依頼したら残念な結果になります。

追跡(尾行)調査の能力の高い、探偵・興信所に依頼するのが前提。

追跡(尾行)能力の高い探偵は、浮気・不倫現場の体験が蓄積されているので、
浮気相手と密会する日程、シチュエーション、時間帯、場所を予想し、それを的中させるとこも。

絞り込んだ1日のみの追跡(尾行)調査で、決定的な浮気の証拠を押さえることも。

1日のみでも探偵・興信所へは依頼できますから、
もし、メール・LINEなどの履歴で、怪しい日があるときは、その日に追跡(尾行)依頼をすると成功する確率が高くなります。

なかには対象者(夫・妻・婚約者)にGSPを仕込んで、その情報を探偵に報告する依頼者もいます。
バレたときに、かなりリスクが高い方法ですが、事実こういったケースもあります。

バイクでの追跡する方法※コツとやり方

探偵事務所や興信所が行っている浮気調査では、しばしば追跡(尾行)調査が用いられるのですが、その際の調査方法としてバイクでの追跡(尾行)調査があります。

対象者に気づかれにくいというメリットもありますし、対象者が車に乗っている場合でも渋滞に巻き込まれて見逃してしまうという可能性を低く出来るというメリットもあります。

また、対象者に気づかれそうになった場合でも、道路脇や通路などへ入り込むのにも便利で小回りが利く点を活かした追跡(尾行)調査が実現できます。

探偵社では、もちろん状況によっては歩いて追跡(尾行)をすることもありますが、このように便利に使える特徴があるバイクを駆使した調査によって、より詳しい追跡(尾行)を行い行動を調査して報告することも良くあります。

徒歩や車両捜査では追尾できないこともバイクの機動力で追跡(尾行)も可能になることが圧倒的に多いもの。

逆にバイクの追跡(尾行)がない浮気調査は、決定的な証拠を逃す可能性もあるので無料相談の時に、必ず、追跡(尾行)の体制、人数、バイクでの追尾があるかを確認してください。

大手探偵事務所のバイク追尾を見学しました

ハライチ探偵事務所(本社)で取材をさせていっただき、想像以上の訓練で驚きました。

車2台+バイク1台での追尾訓練。

毎日の訓練であり、バイク追尾は重要なポジションとなるため優秀な調査員から選抜されるとのこと。

国道、バイパス、市街地を対象車両の追跡(尾行)で、私は車に同乗しました。
高度な無線機器をつかい、車2台+バイク1台が相互に連絡をとり逃がさないよう追尾します。

先回りをしたり、一本裏道を並行に走ったり、車を前後に入れ替えたり、テレビで見る以上の内容でした。重要なのはバイクで、車だとどうしても相手に気が付かれてしまいますが、バイクは相手の死角にはいることが可能です。

車での追尾が厳しくなると、バイクが資格にはいって、追尾。方向を確認すると、再び車が追跡するなど連携プレーが確実。

バイクの運転技術、車からの指揮、地理の把握、実績経験を積み、やっとバイク追尾班は現場に出ることが可能となります。

探偵の追跡(尾行)料金が相場より安い!実績ある探偵【最安値】はココ

探偵に追跡(尾行)を依頼するとき、料金費用が安いところに依頼したいもの。

実は追跡(尾行)が探偵業務の中で一番高度な業務。

便利屋やレベルの低い探偵だと、追跡(尾行)が相手に気が付かれて、
かえって状況が悪化するケースがあとを絶ちません。。。。。

一番確実なのは、調査能力があり、なおかつ、料金が相場より安い探偵。

追跡(尾行)の料金が最安値の価格帯の探偵を紹介していきます。

追跡にかかる探偵の料金

漠然と、パートナーの浮気を疑ったまま過ごすというのはとてもつらいものです。

本気で浮気の追跡(尾行)調査をしたいと考えるのであれば、ある程度のお金が必要となってきます。

それは場所や内容によっても金額は変動してくれるものですが、基本的に必要な金額というものが設定されています。

どうしても本気で追跡(尾行)調査をお願いして、確実に浮気現場をチェックしたいという気持ちがあるのであれば、1日も早く実行することが大切です。

料金を安くしたいなら、1日だけに絞って依頼することも可能。

また、長期になるなら原一探偵のパック料金などが割安になります。

長期の場合なら原一探偵のパック料金は約12万円~。

時間単位で依頼したいならこの2社

ハル探偵社  1日1時間6000円~(調査員1名)
東京探偵社AGL 1日1時間6000円~(調査員1名)

どちらも成功報酬型の支払なので、後払い。

また1時間5000円以下の探偵は避けたほうがいいでしょう。

調査員のレベルが問題のことが多いです。

また最低1日5時間以上など条件や、追加費用なども発生するケースがあるので注意。

ある程度必要なお金を事前に準備し、しっかりと浮気現場を知ることができる環境を作っておくことが大切です。

交通費や滞在費その他の費用など、しっかりと証拠の現場をつかむのであれば、料金はその分高額になっていきます。

探偵への追跡依頼でで失敗しないために

まず追跡(尾行)の料金は最低3社から見積もりをもらって比較してください。

また探偵の追跡(尾行)の料金が1時間4000円などのあまりに激安の場合は、追加費用や見積もり以外にかかる費用も必ず確認すること。

追跡(尾行)料金の支払が前払い、着手金ありなのか、追跡(尾行)調査の終了後の後払いなのか?
支払は現金かクレジットカードなのかも確認しておいてください。

特に追跡(尾行)の料金が安い便利屋、何でも屋と、プロの探偵に調査能力は圧倒的に違います。

自力の追跡(尾行)調査は危険です

探偵に依頼しなくて自分で恋人や配偶者の浮気の証拠を掴むために、相手を追跡(尾行)調査するときには、事前に注意しておくことがあります。かなりリスクが高いので絶対にやめてください。

まず、面識のある相手を追跡(尾行)する場合に失敗しやすいのが、相手に追跡(尾行)していることがばれてしまうことです。

特に恋人や配偶者であれば、もちろん顔を知っていますので、ばれる確率が高いです。そのため、必ず変装してから追跡(尾行)調査するのが基本となります。

しかし、変装といっても不自然なマスクやサングラス、帽子をしていれば、かえって目立つため、追跡(尾行)にはふさわしくありません。

そのため、地味すぎず、派手すぎない変装が一番適しています。次に追跡(尾行)途中で相手を見失ってしまうことがあります。

急に電車やバス、タクシーで移動したときに、すぐに追いかけることができるよう小銭やパスカードなどを用意しておくことが大事ですが実際はうまくいきません。

追跡・尾行で結果を得たいならプロに依頼

多くの人は表と裏の顔を持ち合わせていますが、その裏側を解き明かすにあたり追跡(尾行)調査はとても効果的です。パートナーの浮気の有無を確かめたり、結婚相手の身辺調査を行う上でも非常に有効な判断材料を収集することができます。

ただし、この追跡(尾行)調査は高い技術が求められるもの。パートナーや関係者などが後をつけたところですぐにバレたり、行方を見失ったりするかもしれません。その点、プロの探偵事務所や興信所ではきちんとキャリアを積んだスタッフがターゲットの歩く速度にあわせてさりげなく追跡(尾行)し、さらに気付かれないようにターゲットの訪れた場所、行動内容、逢った相手などをつぶさに記録していき、もしも決定的な場面に遭遇した際には画像や音声で証拠を残します。

こういった熟練の技で信頼に足る情報を集めた上で、それらを総合的に判断してきちんとした調査結果を導き出せる。そこがプロに追跡(尾行)調査を依頼する最大のメリットと言えるでしょう。

夫・旦那の浮気追跡(尾行)調査は探偵・興信所に任せよう

夫・旦那の浮気に気づいたら、妻としては行動や言動が気になるものですが、やはり、追跡(尾行)調査を依頼するならその道のプロが徹底したスキルで行う探偵事務所に任せるのが無難です。

追跡(尾行)調査というのは、対象者の行動を詳細に調査するために行うので、それなりに根気がいる調査であり専門家のスキルを必要とするため難しさがありますが、それだけにプロであれば確かな証拠を収集して来てくれるので、浮気の解決を本気で目指したい場合に有効な手段であるといえます。

しかも、男性は仕事で外回りや出張などの行動範囲が広いこともあり時間が長くかかる場合もあり、追跡(尾行)を行う際にも長時間かかるケースが多くなって来ます。

それらを考慮しても、やはり夫・旦那の追跡(尾行)調査は探偵事務所にお任せするのが得策だといえます。

夫・彼氏の浮気は追跡(尾行)調査で白黒つける!

夫・彼氏・愛するパートナーの浮気疑惑は辛いものです。

●疑惑があるものの、本人に問い詰める勇気がない
●または問い詰めたら別れ話になりそうで怖い
●問い詰めてもしていないと言い張る

こうなると、自分の気持ちが宙ぶらりんで、寝ても覚めてもそのことばかり考えるようになります。

そんなときは追跡(尾行)調査で決定的な証拠を見つけてもらいましょう。

もし、本当に浮気していなかったら、パートナーには内緒にして今までどおりの生活をすればいいし、証拠を見せれば、本人も白状するしかないでしょう。

その上でどうするかは、お互いの気持ちです。お互いもう覚めたから、別れる場合もあるし、一時の気まぐれであるならば、やり直すカップルもいるでしょう。

お互いの気持ちをはっきりさせるためにも、追跡(尾行)調査は有効です。

追跡(尾行)の依頼※探偵・興信所に追跡(尾行)を依頼する秘訣

追跡(尾行)の依頼するとき、「どの探偵・興信所にしていいか?」と皆さん悩みます。

特に、急ぎの追跡(尾行)を依頼したなら、時間もないのであせって激安料金のところに依頼しがち。。。。

いまだに水増し請求・無断で追加費用を発生させる・架空調査(架空の追跡(尾行))などを行う探偵もあります。
広告や激安料金にだまされることなく、追跡(尾行)を成功させるのはいくつかのポイントがあります。

浮気・離婚を視野に入れた追跡の方法

離婚を視野に入れた場合、スムーズに手続きが済むように、相手の落ち度を見つける必要があります。

特に浮気などの不貞行為は、離婚を申し立てた場合に、確固たる証拠があれば認められやすくなりますし、慰謝料や養育権など、自分に有利に事を進めることができます。

そのためにも、相手が不貞を行っている証拠が必要です。

証拠として認められやすく、さらに入手しやすいのが写真です。

探偵事務所などに依頼をして、追跡(尾行)調査を行ってもらいましょう。

プロの探偵であれば、相手に気づかれずに追跡(尾行)調査が可能ですから、ターゲットもまさか追跡(尾行)されてるとは思わずについつい不貞行為を働いてしまいます。

決定的な写真を入手することで、有利な条件を得てスムーズに別れることができます。

探偵の追跡で得られる高音質の録音音声

浮気調査を行うプロの探偵社は、追跡(尾行)調査の際に録音をして証拠とする場合もたくさんあり、浮気の有無を確実にしています。
この場合には、高音質の録音音声が得られるので、対象者と浮気相手の会話もありのままに再生することが出来るようになるので、報告をする際には確かな証拠となり得ます。

依頼者にとっても、分かりやすい浮気調査の報告内容になりますので、事実を受け止めることが出来やすくなります。
もちろん、プロですので追跡(尾行)調査に伴って最新の機器を導入して、対象者には気づかれないようにして会話を情報収集することが出来るのが大きな強みです。

それだけに、探偵社に依頼をすれば高音質での音声を再生できることで、確実な証拠となるのが大きなメリットだといえます。

尾行調査を依頼して不安を解消する!

尾行調査を依頼して不安を解消できます。

その理由は浮気の証拠や対象社に行動を徹底に調べるため。

家族や結婚相手などの様子がいつもと違っていたり、はっきりしない不安を感じた時は、悩んでいるよりも尾行調査を依頼してみると良いです。

何かのトラブルに巻き込まれている場合は、早期に解決できる可能性が高くなります。

また、パートナーの浮気なども発覚する事もありますが、解決へのきっかけになります。

これから結婚しようと考えている相手であれば、結婚する事が良いのかの判断材料になります。

尾行調査をしても全く何も問題がない事もありますので、悩んでいるより依頼する事によって不安解消に繋がります。

尾行調査を依頼する探偵事務所を探す時は、実績のある信用できる事務所かの確認が必要。

料金は明確か、他と比較して適切であるか、可能であれば評判も参考にしてみましょう。

尾行調査を探偵・興信所に依頼してわかること

家族や婚約者など大切な人の行動が怪しいと感じることはありませんか?

そんな時は尾行調査を依頼するとよいでしょう。尾行調査では調査員が張り込み、尾行、撮影などを行います。

ターゲットが誰と、いつ、どこで、何をしたかという行動履歴を記録し、結果を報告もしっかり有り。

たとえば浮気調査の場合、証拠をつかむだけでなく、相手の勤め先なども調べてることも可。

調査を成功させるために大切なのは事前準備です。調査員にはできるだけ多くの情報を提供しましょう。

あやふやな情報も裏付け作業も行ってくれるので、まずは無料相談で話してみるといいでしょう。

尾行調査は探偵事務所ならどこでも行っていますが、上手く行かないケースも少なくありません。

長年の経験と知見が大きく作用するからです。また事務所によって得意分野も異なるため。

浮気調査に強い事務所、企業内トラブルに強い事務所など、様々で、得意分野を見極めてから依頼するようにすれば、ほぼ間違いありません。

尾行は探偵・興信所の技術差がいちばんハッキリする部分。

尾行・追尾が浮気・素行の証拠をとる重要なポイントなのです。

まとめ 最後に

ホームページやチラシに料金表がない場合は、怪しいです。

依頼する内容により総額は変わってきますが、基本料金や調査員1名あたりの費用さえ明記しないところは避けるべき。

また、1日の最低稼働時間はどのくらいの費用か?

1日の総額費用を聞いてください。

たとえ1時間調査員1名6000円だとしても、1日の最低稼働時間が5時間だとしたら、
6000円×5時間=3万円になります。

そして、追跡(尾行)は通常2名以上で行いますから、3名だと1日9万円に。

※1日10万円は平均金額なので、目安にはなります。

また追加費用や報告書などの費用は含まれているかを確認してください。

ただ追跡(尾行)するたけでなく、写真や行動履歴の報告書の作成も費用がかかるもの。

そのほか、通信費・車両費・事務費などの経費のすべて含んだ金額提示を依頼してください。

そのうえで、総額の見積もりを比較するとわかりやすくなります。

追跡(尾行)の依頼2:追跡(尾行)調査員は何名なのか?
通常の浮気調査などの追跡(尾行)は2名以上となります。
車をつかう追跡(尾行)なら車2台+バイク1名の計3名で行うことが基本。

これをしないと車での追跡(尾行)・追跡は失敗する可能性が高くなります。

つまり、追跡(尾行)を何名で行うのかも探偵・興信所へ必ず確認。

調査員1名での追跡(尾行)は、失敗・相手に気が付かれる(バレる)する確率が高く、
おすすめできません。

通常は2,3名以上での追跡(尾行)が基本となること事前に知っておいてください。

追跡(尾行)の依頼3:調査力のある探偵であること

ある意味、いちばん重要な内容かもしれません。

いくら料金が安くても、証拠をとれなければ、お金がムダになります。
追跡(尾行)に失敗して行動範囲がわからないなら、なんおために探偵に依頼したのかわかりません。

調査力の低い探偵の追跡(尾行)は、相手に気が付かれます。
素人のアルバイト、訓練されていない未熟な調査員では、追跡(尾行)ができません。

対象者に気が付かれた場合、警戒レベルが高くなり、再度の追跡(尾行)は困難に。

また、追跡(尾行)する相手から、プライバシー侵害で訴えらえる可能もあり、さらに状況が悪化したケースもあるので、
ベテラン・優秀な自社の調査員をもつ探偵へ依頼すべき。
原一探偵事務所、東京探偵社AIなどの大手なら安心

-尾行・追跡
-, ,

Copyright© 探偵調査会|突撃レポート取材 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.