匿名・非通知の無料相談24時間受付中!
原一探偵事務所
今すぐ!フリーダイヤル 0120-700-357

浮気調査するべきか、しないべきか?自分で判断できないなら

投稿日:

浮気調査するべきか、しないべきか?悩むと思います。

夫(旦那)の浮気の気配、兆候があるくらいなら、自分で判断できないのも当然。

いきなり、浮気調査を依頼するのではなく、
まず浮気チェックなどの無料診断をしてみること。

もし、その診断で浮気の可能性が高いなら、
その時はじめて探偵事務所や興信所に無料相談をすばいいこと。

浮気診断ツールは、匿名(とくめい)OKで、住所、電話番号も不要

無料なので、一度使ってみてください。

大手探偵のハル探偵の無料診断がおすすめ。

もし、それで浮気の可能性が高ければ、
実績ある大手探偵の無料相談をうけてみてください。

相談するだけで、浮気調査を申し込みする必要はありません。

プロの相談員がカウンセラーとして話を聞いてくれ、アドバスもくれますので、
もしかしたら単なる思い違いかもしれません。

また、探偵の無料相談は少なくと2社以上は使ってみて。
1社だけだと対応や金額の比較ができないため。

できれば3社を比べるのが一番いい方法。

浮気調査するべきか?離婚しないケース

実は、浮気調査を探偵に依頼する人の約70%は、やり直しを希望。
関係修復して、よりを戻すことを願うかたが多いんです。

浮気の証拠をとれば、浮気相手への慰謝料請求や誓約書を書かせることも可能。

裁判で勝てる証拠があれば、元の鞘に収まることも多く、
不倫相手も納得する可能性も高くなります。

まずは、あなたが有利な立場になるために、
浮気調査を選ぶことも良い選択です。

また、浮気の証拠は法的に3年間有効。
この間に不倫相手との関係を清算させること。

もし、再度、浮気しても証拠がある限りアナタは有利な立場となります。

浮気調査するべきか?離婚・慰謝料を請求する

これは浮気調査を行うべき。

先ほど書きましたが、旦那(夫)が浮気しているなら、
裁判所に提出できる証拠(報告書)を作成すること。

慰謝料、子供の親権、養育費などアナタの立場が有利な状態で裁判すべき。

また、浮気が原因で離婚となった場合、
慰謝料は200万円(目安金額)

これを浮気調査の費用につかえばカバーできます。

慰謝料で探偵と弁護士の費用をカバーする。
この方法をとる女性も多いので、もし離婚するなら徹底的に調べて方がいいです。

匿名・非通知の無料相談24時間受付中!
SNSで浮気発見
今すぐ!フリーダイヤル 0120-700-357

-浮気調査
-,

Copyright© 探偵調査共済会※実録取材レポート信頼できる優良探偵¥保存版 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.