匿名・非通知の無料相談24時間受付中!
原一探偵事務所
今すぐ!フリーダイヤル 0120-700-357

探偵に資格・免許はありません。開業して探偵になるには警察署へ届出を

投稿日:

探偵事務所を開業するには資格・免許はありません。
管轄の警察署へ届出を提出し、公安委員会から「探偵業届出証明書」が交付されれば営業は可能。

イギリス、アメリカには資格が必用ですが、
日本では国家資格や公的資格などの資格は必要ありません。

平成19年に6月1日から施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」(探偵業法)で、
探偵を開業するために、都道府県委員会に探偵の届出が必要となりました。

イギリスは2014年秋から免許制度を導入することが決定し。
アメリカで州によってことなりますが、免許は一般に3段階。
一番難易度の高い免許については取得に5年以上かかるとされ、
拳銃などの武器の所持が認められる公的資格制度も。

資格が必用ないなら、探偵になるには?

いきなり探偵を開業しても、尾行・張り込み・聞き込み調査や、
通信機器、GSP追跡の機械の設定など必要な技術は多くあります。

そのため、探偵を開業する方は
1、探偵事務所に勤務し、その後、独立
2.探偵専門学校(養成所)にて学んで開業
のどちらかになります。

探偵の専門学校はどう?

大手の探偵数社が運営していますが、料金は数十万円。
回数は8回くらいで、探偵に必用なカリキュラムを学びます。

実地での研修もありますが、やはりこれだけでは技術は不足。
5年の経験がある現役探偵にはかないません。

そのため専門学校を運営してる親会社(探偵事務所)にて、
探偵業務を行いながら、実践で学び開業する方が増えています。

理由はかんたんで、調査力が低いレベルで尾行がバレた場合、
対象者からの訴訟を受けたり、探偵を運営できるような状態でなくなるため。

調査技術が引低いと、証拠をとれない、依頼者はこない、
挙句の果て、尾行がバレて訴訟問題となれば廃業となります。

こうした事態を避けるため、
実際に探偵事務所で経験を積み、技術面、営業面、依頼者の相談を受けるカウンセリング能力を学び、
独立する方が多いく、また安全な独立開業の手順ともいえます。

匿名・非通知の無料相談24時間受付中!
SNSで浮気発見
今すぐ!フリーダイヤル 0120-700-357

-探偵事務所
-, ,

Copyright© 探偵調査共済会※実録取材レポート信頼できる優良探偵¥保存版 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.