尾行の依頼と探偵の費用※違法犯罪行為とされ却下されるケースがあり

2022年2月17日

広告を含みます

尾行 依頼
[toc]

尾行調査の料金を安く依頼ができる探偵

一日だけの尾行の依頼でも、即日対応なら大手が安心
その日だけの尾行だから、失敗できないので調査力があるところオススメ。

尾行の依頼の費用も大手では最安値の価格帯のこの3社。

それぞれ、特徴があるので「まとめ」てみます。
弁護士が推薦する、実績ある大手。

費用も相場より安い料金なので安心です。

解約キャンセルについても丁寧に説明してくれます。

[toc]

尾行調査の依頼:原一探偵事務所

尾行・追跡のレベルは日本NO,1(実際に取材した経験があるので、言い切ります)

徒歩・車両の追跡で、1日で勝負をつけたいなら原一探偵事務所。

全国18支社あり、全国対応可

パック料金制で、すべて込みの値段。
※パック料金では業界屈指の低料金、分割払いOK

尾行 依頼

フリーダイヤル
0120-700-357


いますぐ無料相談・匿名OK!

尾行調査の依頼:ハル探偵社

業界最安値宣言をしているハル探偵社。

成功報酬制なので、料金は後払い

全国11支社あり、全国対応可

頭金0円(着手金0円)で尾行を依頼できます。

尾行 依頼

フリーダイヤル
0120-110-836


ハル探偵【無料相談】 匿名で申込OK!

尾行の料金と方法:東京探偵社ALG

弁護士がつくった探偵会社。

親会社は弁護士法人ALG&Associates。
所属弁護士50名以上の大手

成功報酬制なので、料金は後払い

注目は1時間単位で依頼ができること。

東京探偵社AIは1時間6000円~なので、
最安値だと1日6000円

他の探偵の多くは1日の最低稼働時間があり、
依頼するのは1日4時間、5時間以上。

本社は東京・西新宿
対応エリアは東京・神奈川・埼玉など関東エリア

探偵の尾行調査を依頼すると費用はいくら?

探偵に追跡(尾行)を依頼するとき、料金費用が安いところに依頼したいもの。

実は追跡(尾行)が探偵業務の中で一番高度な業務。

便利屋やレベルの低い探偵だと、追跡(尾行)が相手に気が付かれて、
かえって状況が悪化するケースがあとを絶ちません。。。。。

一番確実なのは、調査能力があり、なおかつ、料金が相場より安い探偵。

追跡(尾行)の料金が最安値の価格帯の探偵を紹介していきます。

追跡調査で探偵を雇う料金はいくらする?

漠然と、パートナーの浮気を疑ったまま過ごすというのはとてもつらいものです。

本気で浮気の追跡(尾行)調査をしたいと考えるのであれば、ある程度のお金が必要となってきます。

それは場所や内容によっても金額は変動してくれるものですが、基本的に必要な金額というものが設定されています。

どうしても本気で追跡(尾行)調査をお願いして、確実に浮気現場をチェックしたいという気持ちがあるのであれば、1日も早く実行することが大切です。

料金を安くしたいなら、1日だけに絞って依頼することも可能。

また、長期になるなら原一探偵のパック料金などが割安になります。

長期の場合なら原一探偵のパック料金は約12万円~。

時間単位で依頼したいならこの2社

ハル探偵社  1日1時間6000円~(調査員1名)
東京探偵社AGL 1日1時間6000円~(調査員1名)

どちらも成功報酬型の支払なので、後払い。

また1時間5000円以下の探偵は避けたほうがいいでしょう。

調査員のレベルが問題のことが多いです。

また最低1日5時間以上など条件や、追加費用なども発生するケースがあるので注意。

ある程度必要なお金を事前に準備し、しっかりと浮気現場を知ることができる環境を作っておくことが大切です。

交通費や滞在費その他の費用など、しっかりと証拠の現場をつかむのであれば、料金はその分高額になっていきます。

尾行調査の方法とプロのやり方

離婚を視野に入れた場合、スムーズに手続きが済むように、相手の落ち度を見つける必要があります。

特に浮気などの不貞行為は、離婚を申し立てた場合に、確固たる証拠があれば認められやすくなりますし、慰謝料や養育権など、自分に有利に事を進めることができます。

そのためにも、相手が不貞を行っている証拠が必要です。

証拠として認められやすく、さらに入手しやすいのが写真です。

探偵事務所などに依頼をして、追跡(尾行)調査を行ってもらいましょう。

プロの探偵であれば、相手に気づかれずに追跡(尾行)調査が可能ですから、ターゲットもまさか追跡(尾行)されてるとは思わずについつい不貞行為を働いてしまいます。

決定的な写真を入手することで、有利な条件を得てスムーズに別れることができます。

尾行調査で得られる録音音声

浮気調査を行うプロの探偵社は、追跡(尾行)調査の際に録音をして証拠とする場合もたくさんあり、浮気の有無を確実にしています。
この場合には、高音質の録音音声が得られるので、対象者と浮気相手の会話もありのままに再生することが出来るようになるので、報告をする際には確かな証拠となり得ます。

依頼者にとっても、分かりやすい浮気調査の報告内容になりますので、事実を受け止めることが出来やすくなります。
もちろん、プロですので追跡(尾行)調査に伴って最新の機器を導入して、対象者には気づかれないようにして会話を情報収集することが出来るのが大きな強みです。

それだけに、探偵社に依頼をすれば高音質での音声を再生できることで、確実な証拠となるのが大きなメリットだといえます。

尾行調査の料金チェックは無料見積を活用しよう

まず追跡(尾行)の料金は最低3社から見積もりをもらって比較してください。

また探偵の追跡(尾行)の料金が1時間4000円などのあまりに激安の場合は、追加費用や見積もり以外にかかる費用も必ず確認すること。

追跡(尾行)料金の支払が前払い、着手金ありなのか、追跡(尾行)調査の終了後の後払いなのか?
支払は現金かクレジットカードなのかも確認しておいてください。

特に追跡(尾行)の料金が安い便利屋、何でも屋と、プロの探偵に調査能力は圧倒的に違います。

自力の追跡(尾行)調査は危険です

探偵に依頼しなくて自分で恋人や配偶者の浮気の証拠を掴むために、相手を追跡(尾行)調査するときには、事前に注意しておくことがあります。かなりリスクが高いので絶対にやめてください。

まず、面識のある相手を追跡(尾行)する場合に失敗しやすいのが、相手に追跡(尾行)していることがばれてしまうことです。

特に恋人や配偶者であれば、もちろん顔を知っていますので、ばれる確率が高いです。そのため、必ず変装してから追跡(尾行)調査するのが基本となります。

しかし、変装といっても不自然なマスクやサングラス、帽子をしていれば、かえって目立つため、追跡(尾行)にはふさわしくありません。

そのため、地味すぎず、派手すぎない変装が一番適しています。次に追跡(尾行)途中で相手を見失ってしまうことがあります。

急に電車やバス、タクシーで移動したときに、すぐに追いかけることができるよう小銭やパスカードなどを用意しておくことが大事ですが実際はうまくいきません。

尾行調査に強い探偵に委託する

多くの人は表と裏の顔を持ち合わせていますが、その裏側を解き明かすにあたり追跡(尾行)調査はとても効果的です。パートナーの浮気の有無を確かめたり、結婚相手の身辺調査を行う上でも非常に有効な判断材料を収集することができます。

ただし、この追跡(尾行)調査は高い技術が求められるもの。パートナーや関係者などが後をつけたところですぐにバレたり、行方を見失ったりするかもしれません。その点、プロの探偵事務所や興信所ではきちんとキャリアを積んだスタッフがターゲットの歩く速度にあわせてさりげなく追跡(尾行)し、さらに気付かれないようにターゲットの訪れた場所、行動内容、逢った相手などをつぶさに記録していき、もしも決定的な場面に遭遇した際には画像や音声で証拠を残します。

こういった熟練の技で信頼に足る情報を集めた上で、それらを総合的に判断してきちんとした調査結果を導き出せる。そこがプロに追跡(尾行)調査を依頼する最大のメリットと言えるでしょう。

夫・旦那の浮気追跡(尾行)調査は探偵・興信所に任せよう

夫・旦那の浮気に気づいたら、妻としては行動や言動が気になるものですが、やはり、追跡(尾行)調査を依頼するならその道のプロが徹底したスキルで行う探偵事務所に任せるのが無難です。

追跡(尾行)調査というのは、対象者の行動を詳細に調査するために行うので、それなりに根気がいる調査であり専門家のスキルを必要とするため難しさがありますが、それだけにプロであれば確かな証拠を収集して来てくれるので、浮気の解決を本気で目指したい場合に有効な手段であるといえます。

しかも、男性は仕事で外回りや出張などの行動範囲が広いこともあり時間が長くかかる場合もあり、追跡(尾行)を行う際にも長時間かかるケースが多くなって来ます。

それらを考慮しても、やはり夫・旦那の追跡(尾行)調査は探偵事務所にお任せするのが得策だといえます。

最安値の尾行調査はどの価格帯が基準?

尾行の依頼で最安値で費用が安い探偵事務所・興信所とは?
1、1時間6000円~で、1時間単位で依頼する
2、パック料金で総額込の値段で依頼する

最安値の尾行の依頼 1時間単位で依頼する

尾行の依頼を依頼するとき、
会社の退勤~自宅までなら数時間なので、1時間当たりで依頼できる探偵が安上がり。

1時間当たり費用を表記している探偵・興信所も多いですが、
注意したいのは最低稼働時間制。

これは1時間では採算が合わないので、4時間以上、5時間以上などで契約するパターン。
※意外とこのケースは多いので注意

1時間6000円~(調査員1名)と書いたのは、
大手のハル探偵社、東京探偵社AIがこの料金のため。

ハル探偵社は全国11支社ある、全国対応可能な大手。
東京探偵社AIは大手弁護士法人がつくった探偵会社。

探偵業界で事実上の最安値。

これ以上の安い料金だと、調査内容に不安があります。

※地方都市で地元密着の個人経営の探偵さんでも、
1時間6000円~(調査員1名)は安い料金です

一般社団法人 東京都調査業協会が加盟している探偵・興信所へのアンケート調査を行いました。

その結果、時間あたりの調査料金は、

調査員2名の場合
1.0万円以上~1.5万円未満が全体の24%
を占めました(諸経費別)

調査員1名換算だと1時間5000~7500円

諸経費別なので、はやり1時間6000円~(調査員1名)が最安値と考えていいでしょう。

尾行の依頼を最安値にするため、依頼する前に

浮気の尾行の依頼を依頼する場合、例えば「夫が浮気しているみたいなので、最安値で調査してください」とだけ言っても無理です。

まず探偵・興信所は本格尾行の前に、対象者の確認(面取り)をするので、まず写真画像(顔)と身長体重がわかるものを提出してください。確認すべき第一は、尾行対象の身長や体型、そしてどのような顔をしているか、誰でもすぐに分かる資料があること。できれば、全身が写った写真と、顔がアップになった写真が両方必要。

浮気調査のために写真を撮らせてくれとは言えないので、手持ちの写真の中から、現在の尾行対象の特徴にあった写真を選ぶ必要があります。この時、髪の色や髪形、ひげの有無等が現在の尾行対象と同じことを確認しておくべきです。

また、対象者が行くであろう予測される場所・行動傾向がわかればその情報も重要。

徒歩・電車の尾行と、車での車両尾行では難易度も異なり料金が違います。
尾行につかう経費・調査員の人員もちがうので、ここらへんは探偵・興信所と最安値がいくらになるか、それぞれ確認が必要。

徒歩・電車の尾行での最安値
車での車両尾行での最安値

このふたつの料金は違ってきますので注意

1日だけ尾行調査の依頼は可能です

自分の夫もしくは妻に不審な動きが見られ、自力で尾行の依頼をしたり、便利屋などの素人に依頼する方もいますが、素人がやってしまうと相手にバレてしまい、更に泥沼化してしまう恐れがあるので興信所・探偵に依頼してください。

不倫相手と密会する日程が確定すれば1日だけの尾行の依頼も可能。

プロが3名以上のチームで尾行すれば、相手にバレることは少ないですが、
訓練をうけていない未熟な素人が尾行をするとターゲットに気が付かれるケースが飛躍的に増えます。

また尾行を依頼して、確実に結果を知りたいなら格安費用ばかりアピールする興信所・探偵事務所は避けた方が賢明。

思ったより高く感じるかもしれませんが1日だけの尾行の依頼なら15万円から20万円ぐらいの料金設定が相場です。

これぐらいになると2、3人体制で張り込みを行ってくれて、報告書もしっかりしたもので仕上がってきます。
※通常3名以上で尾行するのが基本

そして何より短期間での報告も期待出来ます。やはりダラダラと長い期間かけて調査をされてしまうとその期間だけ依頼料も増えて行きますし、依頼者のストレスも増えてしまいます。そういった点も気を付けながら事務所を選ぶ事をお勧めします。

尾行の方法|探偵の尾行の依頼の方法は?調査内容とやり方

探偵の尾行のコツは?
料金と方法は?

失敗してバレる探偵・尾行が成功する探偵の見分け方について

尾行調査がバレる探偵の特徴

まず訓練された調査員であること。最低でも1年以上の探偵訓練がないと尾行技術が未熟でバレる可能性大。

大手の原一探偵事務所は自社で採用した正社員に3年以上の訓練をしてから、はじめて現場に出します。
調査力が高い、証拠をとる探偵はココまで徹底します。

重要なポイントですが、証拠を確実につかむためには、3~4名体制で完全な尾行を行うもの。
そもそも、一人の対象者にたいして探偵が3、4名で尾行したら完全に尾行されていることがわかりません。

全国に5000以上もある探偵ですが、その70%は個人経営。
3,4人の訓練された尾行スタッフを揃えるのは厳しいでしょう。

日本一といわれる原一探偵事務所と比較するのは無理がありますが、失敗しない探偵の尾行方法なら原一探偵事務所を基準にすべき。

中小規模の探偵なら尾行は1名もしくは2名で調査を行っていることが多いため、バレないように変装などで対応。まず、普段着ている服装は絶対に避け、帽子やメガネなどで顔を隠し、つけ髭、リバーシブルのジャンパーで人相・風貌をかえる。

東京・大阪などの電車での尾行の依頼では、横並びの列に立つと良いです。相手が車で移動する場合、信号の影響を受けない程度の距離を維持します。理想は150~300メートルで、相手の真後ろに続くと顔を見られるので、近くの空いているペースに停車するフリをして、一定の距離感を意識します。尾行の依頼で浮気の現場を発見したら、その場で取り乱すのではなく、携帯電話のカメラで証拠を残し後日話し合いを。

尾行に失敗しない探偵の料金は

旦那や妻などの配偶者・彼氏・彼女の不審な行動を知りたいというときがあります。
探偵事務所はに尾行の依頼があり、パック料金、成功報酬、稼働時間制の料金支払方法があります。

料金は依頼する内容によって、違ってくるので相場はありませんが、
目安として1日8万円~12万円くらい

もちろん、探偵によって料金設定がちがうので、あくまで目安の参考料金だと思ってください。

まとめ:尾行調査の方法と料金

相手をつけてみたいということはあるのですが、日中にそんなこともできるはずがありません。

そこでいくつもの事例を持つ探偵事務所に尾行の依頼の依頼をしてみますと、プロとして徹底的に24時間体制で尾行をしてくれますから必ず白黒がはっきりするのです。

それに自分でそのようなことをするのも気が引けるのでありますが、探偵事務所に頼めば何も問題はありません。
もちろん個人情報は確実に守ってくれますから、噂の良い探偵に依頼すれば何も心配はすることはないのです。

尾行の依頼は、人権に関わる重大な仕事なのでプライバシー尊重の上で実施することが大切です。さらに、第三者に情報を漏らさないようにすることが大切なので、責任が重大であり、プロの実績ある業者に任せることになります。その理由の一つは、個人情報保護法を順守できて調査を続けられるということです。二つ目は、浮気などの証拠をつかむためにビデオの録画などを通じて資料を集め、状況を記録できるということです。三つ目は、数多くの事例を経験しているので途中で問題が起きた場合に冷静に対処する方法が取れるということです。この3つの点を踏まえた上で、尾行の依頼は費用対効果のある調査を実施することが大切であり、依頼者を安心させるような対処をする任務があります。

探偵事務所で尾行・浮気調査をするメリット

交際相手や伴侶に浮気の疑いを持ってしまった時は、誰しも心の中が穏やかではなくなるものです。
さらに、相手の行動や言動に敏感に反応してしまい疑いを強く持ってしまうようになるため、不安感に包まれてしまうことも多々あります。

不安を抱え続けて暮らすのは、何の解決にもなりません。
そのためには、浮気が事実であるかどうかを突き止めるのが急務です。

探偵事務所で浮気調査を行ってもらえば、プロならではの技術を持っているので確かな報告を行ってくれるので、事実が明らかになれば解決策が見つけやすくなるというメリットがあります。

個人的に浮気の疑いを持って調べるために動こうとしても、所詮、素人であり探偵事務所のようなことは不可能です。
返って、ストレスとなり手につかなくなってしまいますので、実績のある探偵事務所に相談をするのが調査への第一歩と言えます。

旦那が浮気しているかも・・・と思ったら探偵事務所に浮気調査の相談しよう

ドラマなどで話題になっているように、既婚者の男性の間では不倫が流行っています。

スマホのアプリなどを使えば、気軽に異性と出会う事ができますし、口が堅く、割り切った関係が築ける既婚男性は人気があります。もし、旦那の様子に違和感を覚えた時には、探偵事務所に相談してみると良いです。

今までと違い、お洒落になったり、何か楽しそうにしている時に、特別思い当たる原因がなければ、不倫をしている可能性が高いです。

女性なら、夫の変化を敏感に感じるはずですが、不倫を見破れない人が多いようです。

探偵事務所に相談して、早期に事実を知れば、夫婦関係の修復ができる可能性もありますし、何も無ければ、今まで以上に良い関係を築く事ができます。

尾行の費用料金が最小限の安い値段

尾行の費用と料金

探偵に追跡(尾行)を依頼するとき、料金費用が安いところに依頼したいもの。

実は追跡(尾行)が探偵業務の中で一番高度な業務。

便利屋やレベルの低い探偵だと、追跡(尾行)が相手に気が付かれて、
かえって状況が悪化するケースがあとを絶ちません。。。。。

一番確実なのは、調査能力があり、なおかつ、料金が相場より安い探偵。

追跡(尾行)の料金が最安値の価格帯の探偵を紹介していきます。

尾行で探偵を雇う料金費用の相場

漠然と、パートナーの浮気を疑ったまま過ごすというのはとてもつらいものです。

本気で浮気の追跡(尾行)調査をしたいと考えるのであれば、ある程度のお金が必要となってきます。

それは場所や内容によっても金額は変動してくれるものですが、基本的に必要な金額というものが設定されています。

どうしても本気で追跡(尾行)調査をお願いして、確実に浮気現場をチェックしたいという気持ちがあるのであれば、1日も早く実行することが大切です。

料金を安くしたいなら、1日だけに絞って依頼することも可能。

また、長期になるなら原一探偵のパック料金などが割安になります。

長期の場合なら原一探偵のパック料金は約12万円~。

時間単位で依頼したいならこの2社

ハル探偵社  1日1時間6000円~(調査員1名)
東京探偵社AGL 1日1時間6000円~(調査員1名)

どちらも成功報酬型の支払なので、後払い。

また1時間5000円以下の探偵は避けたほうがいいでしょう。

調査員のレベルが問題のことが多いです。

また最低1日5時間以上など条件や、追加費用なども発生するケースがあるので注意。

ある程度必要なお金を事前に準備し、しっかりと浮気現場を知ることができる環境を作っておくことが大切です。

交通費や滞在費その他の費用など、しっかりと証拠の現場をつかむのであれば、料金はその分高額になっていきます。

離婚を視野に入れた追跡(尾行)調査の方法

離婚を視野に入れた場合、スムーズに手続きが済むように、相手の落ち度を見つける必要があります。

特に浮気などの不貞行為は、離婚を申し立てた場合に、確固たる証拠があれば認められやすくなりますし、慰謝料や養育権など、自分に有利に事を進めることができます。

そのためにも、相手が不貞を行っている証拠が必要です。

証拠として認められやすく、さらに入手しやすいのが写真です。

探偵事務所などに依頼をして、追跡(尾行)調査を行ってもらいましょう。

プロの探偵であれば、相手に気づかれずに追跡(尾行)調査が可能ですから、ターゲットもまさか追跡(尾行)されてるとは思わずについつい不貞行為を働いてしまいます。

決定的な写真を入手することで、有利な条件を得てスムーズに別れることができます。

プロ探偵の追跡(尾行)調査で得られる高音質の録音音声

浮気調査を行うプロの探偵社は、追跡(尾行)調査の際に録音をして証拠とする場合もたくさんあり、浮気の有無を確実にしています。
この場合には、高音質の録音音声が得られるので、対象者と浮気相手の会話もありのままに再生することが出来るようになるので、報告をする際には確かな証拠となり得ます。

依頼者にとっても、分かりやすい浮気調査の報告内容になりますので、事実を受け止めることが出来やすくなります。
もちろん、プロですので追跡(尾行)調査に伴って最新の機器を導入して、対象者には気づかれないようにして会話を情報収集することが出来るのが大きな強みです。

それだけに、探偵社に依頼をすれば高音質での音声を再生できることで、確実な証拠となるのが大きなメリットだといえます。

探偵の尾行調査で支払い際、総額費用の注意点

まず追跡(尾行)の料金は最低3社から見積もりをもらって比較してください。

また探偵の追跡(尾行)の料金が1時間4000円などのあまりに激安の場合は、追加費用や見積もり以外にかかる費用も必ず確認すること。

追跡(尾行)料金の支払が前払い、着手金ありなのか、追跡(尾行)調査の終了後の後払いなのか?
支払は現金かクレジットカードなのかも確認しておいてください。

特に追跡(尾行)の料金が安い便利屋、何でも屋と、プロの探偵に調査能力は圧倒的に違います。

自力の追跡(尾行)調査は危険です

探偵に依頼しなくて自分で恋人や配偶者の浮気の証拠を掴むために、相手を追跡(尾行)調査するときには、事前に注意しておくことがあります。かなりリスクが高いので絶対にやめてください。

まず、面識のある相手を追跡(尾行)する場合に失敗しやすいのが、相手に追跡(尾行)していることがばれてしまうことです。

特に恋人や配偶者であれば、もちろん顔を知っていますので、ばれる確率が高いです。そのため、必ず変装してから追跡(尾行)調査するのが基本となります。

しかし、変装といっても不自然なマスクやサングラス、帽子をしていれば、かえって目立つため、追跡(尾行)にはふさわしくありません。

そのため、地味すぎず、派手すぎない変装が一番適しています。次に追跡(尾行)途中で相手を見失ってしまうことがあります。

急に電車やバス、タクシーで移動したときに、すぐに追いかけることができるよう小銭やパスカードなどを用意しておくことが大事ですが実際はうまくいきません。

追跡(尾行)調査で結果を出すなら高いレベルのプロ探偵へ

多くの人は表と裏の顔を持ち合わせていますが、その裏側を解き明かすにあたり追跡(尾行)調査はとても効果的です。パートナーの浮気の有無を確かめたり、結婚相手の身辺調査を行う上でも非常に有効な判断材料を収集することができます。

ただし、この追跡(尾行)調査は高い技術が求められるもの。パートナーや関係者などが後をつけたところですぐにバレたり、行方を見失ったりするかもしれません。その点、プロの探偵事務所や興信所ではきちんとキャリアを積んだスタッフがターゲットの歩く速度にあわせてさりげなく追跡(尾行)し、さらに気付かれないようにターゲットの訪れた場所、行動内容、逢った相手などをつぶさに記録していき、もしも決定的な場面に遭遇した際には画像や音声で証拠を残します。

こういった熟練の技で信頼に足る情報を集めた上で、それらを総合的に判断してきちんとした調査結果を導き出せる。そこがプロに追跡(尾行)調査を依頼する最大のメリットと言えるでしょう。

夫・旦那の浮気追跡(尾行)調査のコツ

夫・旦那の浮気に気づいたら、妻としては行動や言動が気になるものですが、やはり、追跡(尾行)調査を依頼するならその道のプロが徹底したスキルで行う探偵事務所に任せるのが無難です。

追跡(尾行)調査というのは、対象者の行動を詳細に調査するために行うので、それなりに根気がいる調査であり専門家のスキルを必要とするため難しさがありますが、それだけにプロであれば確かな証拠を収集して来てくれるので、浮気の解決を本気で目指したい場合に有効な手段であるといえます。

しかも、男性は仕事で外回りや出張などの行動範囲が広いこともあり時間が長くかかる場合もあり、追跡(尾行)を行う際にも長時間かかるケースが多くなって来ます。

それらを考慮しても、やはり夫・旦那の追跡(尾行)調査は探偵事務所にお任せするのが得策だといえます。

尾行されてるか調べる,ストーカーやDVの相談

尾行などのストーカー行為をはじめ、DV等の相談窓口はこの数年の間に急増してきています。

実際には尾行などのストーカー行為よりもDVの方が相談案件が多いのですが、尾行などのストーカー行為もDVも共通点として暴力行為、傷害、殺人といった、身体面への危害が加えられるというのがあります。

新聞、テレビでも報道されていますが、SNS社会となったいま、大きな問題になっています。

またそれに伴い、精神的なダメージも図りしれません。
被害の内容が類似している為、DVの相談窓口が増えているのと同じように尾行やストーカー対策の窓口も増えているということであります。

また対象者が元交際相手や元配偶者となると、
DVと尾行などのストーカー行為両方該当するケースも多々と見られます。

そういった事もあり、DVを専門とした窓口でも尾行などのストーカー行為に関する相談をする事ができるケースがかなり多いです。

現在窓口を設けているところは自治体等の行政機関、警察ですが、
他には独自で相談窓口を行っているNPO等の非営利団体等があります。

これらを運営する人達自身が実際にDVや尾行などのストーカー行為の被害者であったり、
元自治体の職員、元警察官といったケースが多いです。

ただ、尾行などのストーカー行為自体の線引きが難しく、この数年でパターンも多様化しているため、なかなか対策が進んでいないというのが現状のようです。

また、警察や行政機関でなければ、相手に対して住居などへの立ち入りや当事者への接触を止めるように命令する事が出来ない為、どうしても対策といっても緩和したものになってしまい、対応が難航してしまうというデメリットもあるようです。

尾行などのストーカー行為やDVは市区町村の役所で相談

現在はどの自治体でも尾行などのストーカー行為などの相談窓口は設置されています。

警察とも連携を図り、情報共有することで未然に被害を食い止めることもできているようです。

ただ、それ以上に尾行などのストーカー行為に関する相談案件が多く、対処に難航しているというのは否めません。

相談窓口があれば、全ての窓口に相談をしておいた方が得策です。それによってお互いの関係者が尾行などのストーカー行為に関する情報を共有でき、更に被害を食い止める事ができるからです。

尾行などのストーカー行為に関する対策を自治体や警察がしてくれないと嘆く方も多いと思いますが、相談だけはしておく必要があります。

理由は、何かあった時に、尾行などのストーカー行為に対して行動を制限する権限を持っているのは公的機関である市区町村や警察だからです。

最近ではニュース等でも尾行などのストーカー行為に関する事件が多く取りざたされているので、体制を強化させていく方向には向かってはいます。

ただ発展途上であることには変わりありませんが、相談の件数が多ければ多いほど、それだけ事例が集まりますので、必要性が高いと判断され、対策についても優先順位が高くなってきます。

何の対応もしてくれないので相談はしないでは無く、些細な事でもいいですので、自治体へ要望を挙げておくというのは一見地味には見えますが、1件の些細な相談事が、10、100、そして1000件となると、些細なことでは無くなるからです。

尾行などのストーカー行為行為に対する対処方法をアドバイスしてくれたり、サポートする窓口は数多くありますが、直接尾行などのストーカー行為行為に対して取り締まりが出来るのは市区町村と警察だけだからです。

尾行されているかを探偵に依頼して最小限におさえる

  1. 尾行代金の目安料金
  2. 最安値の価格帯
  3. 尾行値段を最小限におさえる方法

尾行されているかを探偵に依頼する目安
探偵・興信所の料金は、それぞれ違います。
支払い方法・尾行代金の単価・調査内容も違います。

そのため尾行代金の相場はないのですが、目安価格の幅はあります。

一般社団法人 東京都調査業協会が加盟している探偵・興信所の、
行動調査(素行や浮気の調査)料金の平均をしるためアンケートを実施しました。

これにより、やっと探偵業界に適正料金が公的な機関から発表される結果に。

調査員2名の場合,1時間あたり代金

  1. 2.0万円以上~2.5万円未満 36%
  2. 1.5万円以上~2.0万円未満 28%
  3. 1.0万円以上~1.5万円未満 24%(諸経費別)
    • ※1時間あたりの調査料金としてのアンケート結果です
    • ※通常尾行は2名以上で行うため、1時間2名での料金で表示
    • ※実施時期 2005年3月末

  • アンケート対象 一般社団法人 東京都調査業協会加盟の都内業者

1.5万~2.5万円で全体の64%(調査員2万・1時間代金)

ほどんとの探偵・興信所はこの価格帯にはいります。

尾行代金の最安値の価格帯

先ほどの平均的な適正料金アンケートで、いちばん安い価格帯は、
1.0万円以上~1.5万円未満 24%(諸経費別)

調査員2名の計算なので、最安値は1時間当たり5000円(諸経費別)

5000円に諸経費を加えると、6000円くらいが妥当な価格ライン。

おすすめの探偵は「社団法人 日本調査業協会」に加盟業者
※一般社団法人日本調査業協会は、内閣総理大臣の許可を受け、警視庁を監督官庁とする日本で唯一全国組織として公認された法人。
※昭和63年9月に政府の許可を受けてスタート
※一般社団法人 東京都調査業協会も「社団法人 日本調査業協会」の会員

尾行代金値段を最小限におさえる方法

まず、尾行する対象者(ターゲット)の本人確認の準備。
恋人や配偶者が浮気をしている疑いがあったとき、気持ちが動転して感情的になりがち。

尾行資料の準備は、代金を安くして、成功率を上げる大切なもの。
依頼する探偵に、どこまでの情報を与えることができるかが重要。

まず探偵は尾行のまえのターゲットの本人確認(面取り)としますが、そのため、顔写真と身長・体重や普段の服装を探偵に伝えてください。

また、日頃の行動パターンがわかれば、その日・その時間にピンポイントで尾行も可能。
これなら尾行時間も短く、成功率が高くなるので代金をおさえることができます。

尾行代金を安く浮かすために自力の尾行追跡はやめてください。危険です。バレるリスク大。
これは尾行代金を最小限におさえる方法ではありません。

なぜか?

プロの探偵ではなく、素人である自分で尾行調査を行うときには、多くのリスクがあります。対象者に相手には自分の顔は知られていますので、まず変装をしておかないといけません。変装用の道具として、メガネや帽子、上着は最低用意する必要あり。女性が男性を尾行するときは、普段と雰囲気がかなり変わるウィッグなども。花粉症の時期であれば、マスク着用もいいですが、素人の変装は目立つもの。上着は、リバーシブルできるもの。尾行が長時間続く場合は、相手に気づかれないように途中変装を変えるなどの工夫も必要。ある程度の交通費も事前に準備しておく。

尾行代金を最小限におさえる方法は、
1,プロの探偵に依頼する
2,3社以上から見積もりをとって比較
3,ターゲットが行動する日程を絞込(誕生日・出張)
4,さらにその日の時間を絞り込む
5,ターゲット情報の詳細を探偵へ提供する

行動調査と探偵の尾行追跡

行動調査は探偵・興信所が行うもので、
料金費用は調査内容により異なります。

浮気の素行調査のような個人からの依頼は、
予算30~60万円(目安の価格帯)

会社社員の素行調査・信用調査など企業から依頼は、
さらに難易度、期間が長いので料金は高くなるります。

行動調査は、素行調査・浮気調査のなかにひとつ。
対象者(ターゲット)の行動パターンを調べるための尾行・張り込み・聞き込みなどにあたります。

行動調査の料金

行動調査の料金は、さきほど説明したように依頼内容により値段は違ってきます。
目安として30~60万円が相場的な価格帯ですが、それ以外の価格は?

もっと安くなる?
より高くならないの?

はい、実は1日だけに限定すれば5万円~15万円でも、行動調査は可能。

たとえば、1日4時間だけで依頼すると。。。。

最安値の行動調査は1時間6000円~(調査員1名)

通常調査員は2名以上ですので、
1時間6000円?2名=12,000円

1時間12,000円?4時間=48,000円(諸経費別)

1日のみ、4時間の行動調査なら、最安値の価格帯で約5万円。

これは探偵業界でもかなりの安値。

通常1時間あたり1.5万円前後が多く、この場合の料金は
1時間1.5万円?2名=3万円
1時間1.5万円?4時間=12万円(諸経費別)

通常1時間あたり2万円だと(この料金帯もある)、この場合の料金は
1時間2円?2名=4万円
1時間4円?4時間=16万円(諸経費別)

その他、パック料金制ですべて込みの料金体系もありますが、
上記の行動調査の料金を目安にして、探偵・興信所の見積もりを比較するといいでしょう。

失敗しない浮気の行動調査

配偶者や交際相手の浮気の行動調査のために相手を尾行するときに、一番多い失敗が相手を見失ってしまうこと。

対象者の行動を尾行している最中に、相手が急にタクシーを拾ったり、電車を途中で降車したときに見失うケース。

そのため、プロの探偵・興信所の調査員が尾行しているときには常に次の行動をある程度予測し、電車で尾行しているときは相手が急に降車しても追いかけられるようにドア近くの場所で立ち、バスの場合は、相手の動きが確認しやすい後方の席を確保しておきます。

プロの調査員であれば、だいたい行動調査の尾行ときには2人以上の複数で尾行していることが多く、常にバイクや車などを準備しているため見失うことは少ないです。

しかし、行動調査の能力が低い探偵は、アルバイトや臨時スタッフに素人を採用して尾行につかうことも。
これが、行動調査が失敗するいちばん多いケースです。

パック料金が安い!裁判に勝てる証拠

探偵を雇う費用
分割払い・クレジットカード可
当日対応可
https://www.haraichi.co.jp/
匿名・非通知で無料相談OK!
フリーダイヤル24時間受付中!
0120-700-357

カテゴリー

  • この記事を書いた人

探偵レポートby井上優

はじめまして、運営者の井上優と申します。 ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。 探偵の実情に関しては、私が実際に取材した内容や、探偵事務所に依頼した体験を持つ友人からの聞き取り調査を行っております。 探偵に依頼する前に読んでください。損はさせません。 私が実際に取材した探偵事務所・興信所の取材ブログ。費用料金や相場、どこまでの内容?など。 安心して依頼できる探偵と、逆に依頼しないほうがいい探偵をお知らせします。 有利になる証拠をとる実力派と格安料金で証拠がとれない。 追加料金を請求する悪質な探偵がいるのも事実で、探偵選びで失敗しない秘訣を公開

-探偵事務所
-, ,